【51選】秋のカラオケソングといえばこれ!これを歌えば間違いない盛り上がる秋曲51選!

暑かった夏が翳りを見せはじめ、季節の風に憂いを感じ始めると、私達の心にも少しだけ切ない気持ちが降りてきます。そんな時聴きたいメロディーがあります。歌いたい歌があります。今回は秋のカラオケソング決定版と題して、カラオケで秋に聴きたい、歌いたい歌をご紹介します!

記事の目次

  1. 1.季節を感じる選曲ができる者はカラオケを制する!秋には秋の歌を歌おう
  2. 2.秋のカラオケ、歌えば間違いない盛り上がる秋曲20選!女性ボーカル編 Part1
  3. 3.秋のカラオケ、歌えば間違いない盛り上がる秋曲20選!女性ボーカル編 Part2
  4. 4.秋のカラオケ、歌えば人気者間違いなしの秋曲20選!男性ボーカル編 Part1
  5. 5.秋のカラオケ、歌えば人気者間違いなしの秋曲20選!男性ボーカル編 Part2
  6. 6.秋に聴きたい!唄って欲しいカラオケ曲ランキング7選!
  7. 7.秋にカラオケで歌いたいアニソン、ボカロ曲ランキング4選!
  8. 8.秋のカラオケおすすめの歌のまとめ

季節を感じる選曲ができる者はカラオケを制する!秋には秋の歌を歌おう

Photo by Toshi K

「暑い、暑い」と汗を拭いて「早く涼しくならないかなあ」なんて呟いていたのに、だんだんと夜の風が秋のそれに変わっていき、鈴虫の鳴き声が聞こえてくると、人は心にもの寂しさを感じ、センチメンタルな気分になったりするものです。

過ぎ去りし夏を惜しみながら、深まっていく秋を存分に満喫出来るような、そんな秋のカラオケソングを選んでみました。

日本には美しい四季があります。その時期その時期にやはり相応しい歌があります。秋には秋を感じる選曲が出来れば、カラオケでも人気者間違いなしです!


 

秋のカラオケ、歌えば間違いない盛り上がる秋曲20選!女性ボーカル編 Part1

フリー写真素材ぱくたそ

秋だ!カラオケだ!という事で、カラオケで歌いたい曲、聴きたい人気の歌を選んでみました。まずは、女性ボーカルのおすすめ曲特集です。
 

三日月/絢香

「三日月」は絢香の2006年に発売された4枚目のシングルです。アルバム「First Message」に収録されています。

2006年にオリコン週間ランキングで初登場1位を、2007年度のオリコンカラオケランキングでも1位を獲得した、絢香の代表曲です。

上京して地元を離れる時の、今まで共に過ごしてきた大切な仲間への想いが込められた歌で、「三日月」は携帯電話の事を表しています。

金木犀の夜/きのこ帝国

「金木犀の夜」は2018年に発売された、きのこ帝国の3枚目のアルバム「タイム・ラプス」に収録されている曲です。

ホリプロのスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、女優としても活躍していたという佐藤千亜紀がギター&ボーカルを務めるバンドです。

佐藤が作詞作曲をした「金木犀の夜」は、まさに秋の夜に聴きたい、少しセンチメンタルになってしまうような歌です。

金木犀は9月から10月にかけての、ほんの短い期間しか花を咲かせませんが、その香りは甘くて強烈なインパクトを与えます。香りというのは、人間の五感の中でも最も原始的で強力な感覚で、香りは記憶とも密接な関係があると言われています。

ちなみに佐藤は、実際に金木犀の香りを知らないでこの曲を書いたそうです。ギャフン!

ずっと、ふたりで/家入レオ

「ずっと、ふたりで」は家入レオの2017年に発売された13枚目のシングルで、アルバム「TIME」に収録されています。

テレビドラマ「愛してたって、秘密はある。」の主題歌に使用されています。作詞、作曲は杉山勝彦。「大切な人の光と影」を歌った、カラオケでも人気の高い曲です。

やさしさで溢れるように/JUJU

「やさしさで溢れるように」は、2009年に発売された、JUJUの9枚目のシングルで、アルバム「What’s Love?」に収録されています。プロデュースは亀田誠治です。

「日産キューブ」などのCMにも使用され、着うたランキングで最高1位を獲得するなど大ヒットとなりました。

たくさんのミュージシャンにカバーされている、JUJUの名曲中の名曲です。

あなたを包むすべてが やさしさで溢れるように
わたしは強く迷わず あなたを愛し続けるよ
どんなときも そばにいるよ

なんて優しい、なんて大きな愛情なのでしょうか。女性にこんな歌を歌われたら、惚れてまうやろ!センチメンタルな季節に聴きたいナンバーですね。

ハロウィン・ナイト/AKB48

「ハロウィン・ナイト」は人気アイドルグルーブAKB48の2015年に発売された、41枚目のシングルで、アルバム「0と1の間」に収録されています。センターは指原莉乃が務めています。

オリコンシングルチャートで初登場1位を記録、初動売り上げが127万8000枚というもの凄い数字を叩き出しています。

みんなで盛り上がりたい時にはおすすめのナンバーです。この曲をあまり知らない人でもきっと楽しめるでしょう。そういった懐の深さが、この曲にはあります。 

関連記事

Article Ranking