【35選】クリスマスを感じるならこの洋楽!懐メロから最新のものまで一挙ご紹介!

クリスマスシーズンになるとクリスチャンではなくてもクリスマスソングを聴きたくなるものですね。やっぱりクリスマスソングといえば洋楽!ということでこちらでは洋楽クリスマスソングを35曲もピックアップしてお届けしています。ドライブデートにパーティーに是非!

記事の目次

  1. 1.クリスマスソングといえば洋楽が鉄板
  2. 2.洋楽クリスマスソングの発祥は?
  3. 3.洋楽クリスマスソング、誰と聴く?
  4. 4.【35選】懐メロから最新のものまで、洋楽のクリスマスソング一挙ご紹介!
  5. 5.洋楽クリスマスソングまとめ

クリスマスソングといえば洋楽が鉄板

クリスマス 洋楽
フリー写真素材ぱくたそ

ハロウィンが終わると世間ではもうクリスマスに向けて準備が始まりますね!11月にもなればテレビでは各コンビニのクリスマスケーキのCMが流れはじめ、街中やお店などではクリスマスソングが流れはじめ、ああ今年もクリスマスが近づいてきたな、と感じます。

ところでクリスマスソングというとみなさんはどんな曲を思い浮かべるでしょうか?どんな曲が定番だと思うでしょうか。それぞれの世代、年代によっても変わるかもしれませんが、有名なところでワムのラストクリスマスやマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」あたりを思い浮かべるのではないでしょうか。

それから、クリスマスソング特集、というとやはり洋楽が多いような気もしますね。元々クリスマスはあちらの文化ですから、なんとなくその方がサマになる、というのもあるのかもしれません。

洋楽クリスマスソングの発祥は?

クリスマス 洋楽
Photo byannca

そもそもクリスマスソングとはいつ頃からあるものなのでしょうか。クリスマスソングは大きく3つにわけられます。1つはトラディショナルなもの、いわゆる讃美歌です。これは主にキリストの生誕を祝う内容の曲が多いです。
2つ目は讃美歌ではありませんがイギリスやアメリカ、ドイツなど各国の民謡として、クリスマスを楽しもうというような内容のもの。
3つ目はクリスマスを題材にした曲です。

3つ目は邦楽にもありますが、2つ目に関してはあまり、日本古来の有名な定番クリスマスの歌というのは聞かないですよね。日本語の歌もありますが、わたしたちが子どものころから聴いているクリスマスソングは全て海外の歌詞を和訳したものです。

なのでやはり、クリスマスソングというと海外が発祥、ということになるんですよね。

洋楽クリスマスソング、誰と聴く?

クリスマス 洋楽
Photo byQuinceMedia

ところでクリスマスソング、どこで誰と聴きますか?恋人とデートドライブのとき、または友人たちとのホームパーティー、ご家族で楽しく、あるいは一人静かに…
色々なシチュエーションがあると思いますが、クリスマスソングとは一緒に歌ったり踊ったりしなくてもBGMにもなりうる曲が多いです。

こちらでは有名な曲、定番の曲、ロックバンドが歌うクリスマスソング、女性ボーカルもの、男性ボーカルもの、さまざまなジャンルの洋楽クリスマスソングで名曲と言われているものを35曲厳選してお届けします!

それではどうぞお楽しみください。

【35選】懐メロから最新のものまで、洋楽のクリスマスソング一挙ご紹介!

①All I Want For Christmas Is You / Mariah Carey

洋楽クリスマスソングといえばマライア・キャリーのこの曲ですよね。邦題は「恋人たちのクリスマス」、ど定番中の定番、世界中で有名な1曲です。
この曲は1994年に発表され、大ヒットしました。「クリスマスに欲しいのはあなただけ」という歌詞です。

②Last Christmas / Wham!

ワム!のラストクリスマスもクリスマスソングの定番ですよね。こちらは1984年にリリースされました。
当時はランキングとしてもそんなに大したヒットではなかったのですが、クリスマスソングとしてじわじわと人気が出、今ではクリスマスシーズンといえばかならず流れる曲となりました。

③Santa Tell Me / Ariana Grande

2013年にリリースされた、アリアナ・グランデの「Sanda tell me」は、もう既にクリスマスソングの定番となりつつあります。
「来年彼が隣にいないならもう恋に落ちないようにしてほしい」とサンタに願う歌詞、彼との恋をこのまま突き進んでいいのかどうか迷うかわいらしい女の子の歌です。

関連記事

Article Ranking