【初心者必見】ピックの種類・選び方ご紹介

エレキギターやアコースティックギターの演奏に欠かすことのできない「ピック」という機材。実は、ピックの形や素材次第で出る音は大きく変わったりします。特に素材の違いは重要です。ここでは、ピックの種類と選び方について詳しく解説します。

ピックの種類

楽器屋さんにいくとものすごい種類のピックが並んでいて、どれを選べばいいかまったくわからない!
という経験をしたギタリストは多いと思います。

どの形のものがいいのか?
エレキにはどのピックが向いているのか?
アコギにはどのピックが向いているのか?

ものすごく混乱してしまいますよね。
でも大丈夫です。
実はピックは、大きく分けて二種類しかありません。

掴みやすいおにぎり型ピック

一つ目は「おにぎり型」と呼ばれるピックです。
ゆるい正三角形に近い形をしていておにぎりのように見えるので、おにぎり型と呼ばれます。

おにぎり型のピックはつかみやすく、弦の反動を受けづらいので、なめらかなギタープレイをサポートしてくれるのが強み。
どちらかというとコード弾きでよく使われます。
ちなみに、エレキでもアコギでも、どちらでも使えます。

細かいギタープレイができるティアドロップ型ピック

もう一種類は涙(teardrop)のような形をしていることから「ティアドロップ型」と呼ばれるピックです。
指先の細かい動きについてきてくれるので、リードプレイ、アルペジオなどの単音弾きに向いています。

おにぎり型と比較して多少感覚は変わりますが、コード引きも普通にできます。
こちらもエレキ、アコギ問わず広く使用されています。
 

関連記事