アコースティックギターを始めるなら必見!レベル別のおすすめアコギ、選び方をわかりやすく解説

これからアコースティックギターを始めようとしてる方におすすめは何かを詳しくまとめます。アコースティックギターを購入する時はどういった点に注意して選べば良いのか? おすすめのギターは何か? の疑問にも答えていきたいと思います。

アコースティックギターを始めたい人は集合!

「アコースティックギター」をこれから始めるに当たり、まずはギターが必要になります。アコースティックギターを購入するにも価格は1万円〜80万円まで幅広いです。出来れば安くて良いものが欲しいのは当たり前ですが、中々そういった商品はありません。ましてやギターをこれから練習しようとしている人であれば、あまり高価な商品はおすすめ出来ません。

ここでは「初心者向けのおすすめ」と「中級、上級のおすすめ」のアコースティックギターを紹介していこうと思います。

初心者向けに「選び方のポイント」「おすすめ商品」をご紹介していきます。

選ぶ時のポイントまとめ

アコースティックギター選びのポイント

  • 価格
  • 実物を確かめる
  • 用途の明確化

価格

Photo by ketou-daisuki

選び方で重要な要素の一つは価格です。目安としては10万円が良し悪しの一つの区切りになります。価格がここから上と下でギターの完成度が大きく変わってきます。とりあえずの一本なのか、長い付き合いを前提で少々高くても良いギターを選ぶかは考え方次第です。良い悪いが大きく差が出るのが10万円前後だと覚えておいて下さい。

ここでは、以下の値段でランク分けしておすすめしていきます。

初心者:1〜5万円程度
中級者:10万円前後
上級者:20万前後〜


特に「初心者」の場合は「挫折する」の可能性が高いです。高価なものを買っても埃になってしまう恐れもあるのでおすすめしません。まずは安くてお気に入りの1台から始める事をおすすめします。

嫌じゃなければ「中古ショップのもの」「他人から譲ってもらったもの」を手に入れるのも良いです。ある程度出来る様になって「ライブをやりたい」とか「曲作って弾き方りをしたい」とか、公に音を披露する場面があるのなら「中級クラス」を改めて買い直す事をおすすめします。

実物を確かめる

Photo byHeungSoon

アコギの選び方でネットで安い物を見つけて購入する事も出来ますが、ギターは「長い付き合い」になる道具ですので、実物を確かめて楽器屋さんで購入する事をおすすめします。その理由はいくつかあります

  1. 自分の手の大きさ、体の大きさに合っているかを確かめる
  2. 実物の大きさ、色合いを確かめる
  3. 実際に鳴らして気に入った音かどうかを確かめる
以上の事は楽器店で実物に触れないとわかりません。是非、時間をかけて選んで下さい。急いで買う必要はありません。アコースティックギターは個々で微妙に違いがあり、大きいもの小さいもの、ネックが微妙に太い細い、弦高が高い低い、ボディ鳴りの有無など手にとって見なければわからない事が多々あります。自分の納得のいくものを手に取って確かめて購入してください。

「音」についてはギター初心者の方は上手く弾けないかもしれません。その場合は店員さんに音を出してもらうのも手です。店員さんはついつい良い物を薦めてくるので高価になりがちです。自分の予算をしっかり伝えて選んでもらいましょう。

用途の明確化

Photo byRitaE

忘れがちなのが「用途」です。どういう用途でギターを買うのかを今一度確認して下さい。用途により選び方が変わって来ます。用途も選び方の重要事項の一つになってきます。

  • 初心者:家で小さい音で練習する目的。人前で弾く目的ではない。
  • 中級者:学校祭、ミニライブでの弾き方りに使う。アンプを通してライブハウスで使う。
  • 上級者:ライブ、レコーディングで使うし、良いサウンドの元で自分のテンションを高めて弾きたい。
「初心者」であれば「家で練習する程度」を想定します。マンションだったり、自分の部屋でだけで鳴らしたいのであれば、あまり大きな音が出ないタイプのものをおすすめします。この用途を間違えると、せっかく買っても家の人やアパートの隣の部屋から苦情が来ても困ると思うので意識しておく必要があります。

【レベル別】おすすめのアコースティックギター

初心者向け

RECORDING KING RP1-16C

初心者向けという割に結構本格的な一本です。「価格も抑えめ」でかつ「独特のビンテージ・サウンド」は好き嫌いがあるかもしれませんが、アメリカでは結構人気のようです。主に「アメリカーナ」と言われるジャンルで若手女性アーティストが使ってるギターです。有名どころでは「Angelica Garcia plays 」「Cat Clyde」が2015年頃にデビューし、このギターを使って来ました。上の映像は「Cat Clyde」のスタジオ・ライブの映像です。(彼女は後付でピックアップを装着してます。

ギターの音は「古きアメリカン・サウンド」らしく、ブルース、カントリーによく合うビンテージ・サウンドです。一つ一つの音は細いかもしれませんが、ボディー鳴り、サスティンもあり、軽量で初心者、女性でもハードルが低く、楽しく弾けるアコギだと思います。

商品 RECORDING KING RP1-16C(米国)
タイプ シングル/カッタウェイ(アコギ)
価格 3.9万円
用途 室内練習用

MARTIN LX1(リトルマーチン)

最近人気の「ミニアコースティックギター」です。普通の「アコースティックギター」よりも小さく軽量です。一見おもちゃ風に見えますがMARTIN製です。このギターはイギリスで有名な世界的アーチスト「エド・シーラン」が使ってるものと同タイプです。

大きな音は出ませんが、その軽量さ、持ち運び易いサイズ、部屋で弾き語って歌うのにピッタリのサイズと音量です。ギター初心者にはとにかく気軽に触って馴染んでもらうのが一番良いと思い、本格的ではありませんが、あえて選びました。

サウンドは高音域にまとまった響きでハウス・ライブ的にライトに伴奏する雰囲気で使いたい一本です。

初心者向けと侮らず、中級者、上級者も手元で楽に弾きたい一本として購入する方も多いアコギです。

商品 MARTIN LX1(米国)
タイプ ミニアコースティックギター
価格 3.9万円
用途 室内練習用

MARTIN LX1E(エレアコ)

映像は船の上でアンプを通して鳴らしてる「エド・シーラン」の映像です。パーカッション的に聞こえるリズム音は船の床を足踏みしてる音です。

先に紹介したものと同じ「リトルマーチン」です。何が違うかというとピックアップを内蔵してる「エレアコ」なのです。この「リトルマーチン」を気に入って、実際にライブなんかでも使いたいという場面で「エレアコ」は重宝します。

この「リトルマーチン」ならアンプを通さずにそのままモニターに直に繋いで使っても良いと思います。

このタイプであれば、部屋弾きでも、ライブでも、少会場でミニアンプを通してでも、あらゆるケースに対応できます。「リトルマーチン」で本格的に弾き語りをやるのであればこの一台をおすすめします。

商品 MARTIN LX1E(米国)
タイプ ミニアコースティックギター、エレアコ
価格 4.7万円
用途 室内練習用、弾き語りライブ

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう