音楽用語「lunga(ルンガ)」の意味を解説!

lunga(ルンガ)とは?「lungo(ルンゴ)」も同様の意味の音楽用語です。楽譜では、「程よく伸ばす」という意味のフェルマータと一緒に使われることが多いですね。ここでは、音楽用語「lunga(ルンガ)」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「lunga(ルンガ)」の意味とは?

音楽用語「lunga(ルンガ)」の意味とは?

Photo byskeeze

lunga(ルンガ)とは、クラシック音楽で使われる奏法記号のひとつです。

イタリア語で、「かなり長く伸ばす」を意味します。
英語でいうlong(ロング)のことだといえば、わかりやすいと思います。

楽譜では、「程よく伸ばす」を意味するフェルマータと一緒に使われることが多いです。
lungaの文字がフェルマータの上に記譜されるイメージです。

この場合は、フェルマータをさらに長く延長するということなので、単純にいえば、音符や休符を自然に、気持ちよく伸ばしたままもうしばらく停止した状態でいるということなのでしょう。音楽の終わりの余韻をたっぷり残す効果もあれば、後の音楽に対する期待を高める効果もありますね。

のイメージ
音楽記号「フェルマータ」の意味をご紹介!「程よく伸ばす」とはどのくらいの長さ?
フレーズの終わりなどで目にする音楽記号フェルマータ。ピアノや楽器を習っているとフェルマータってどのくらい伸ばすんだろうと疑問に思う方もいますよね。今回の記事ではフェルマータの意味や語源から、書き方の意味、大体どの程度伸ばすのが良いのかをご紹介致します。

関連記事

Article Ranking