音楽のテンポと速度記号一覧と意味をご紹介!

音楽を演奏する際、テンポはとても重要です。特にクラシック音楽の場合、楽譜に指示されたテンポと大きくかけ離れた演奏をしてしまうと、本来の音楽ではなくなってしまいます。ここでは、音楽のテンポと様々な速度記号についてご紹介します。

音楽のテンポと速度記号

Photo byArtsyBee

テンポとは、曲の速さを示すものです。

テンポは、楽曲の冒頭や速さを変えたい部分に書かれています。一般には、メトロノーム記号や、「Moderato」などのイタリア語の速度標語で表現されます。

BPMとは?

BPMとは、Beats Per Minuites(ビート・パー・ミニット)の略で、テンポを表す単位です。
1分間に刻むビート(拍)の数で速さを表現します。

(例)「60 BPM」は、1分間に60拍、つまり1秒ごとに拍を刻む速さです。

また、BPMから楽曲の秒数を算出することができます。

(例)4分の4拍子で、32小節の曲を120 BPMで演奏する場合
   120 BPMは1分間に120拍、つまり0.5秒ごとに拍を刻みます。
   1小節4拍で32小節の曲なので、0.5秒×4拍×32小節=64.0秒
   となります。
 

メトロノーム記号とは?

メトロノーム記号とは、テンポを表す記号で、単位となる音符を1分間に何回打つかで速さを表したものです。
「単位となる音符=1分間に打つ数」の形式で表現されます。

(例)「♩=60」の場合、四分音符(♩)を1分間に60回打つ速さ、つまり時計の秒針と同じ速さで演奏します。

テンポの速度記号一覧

速度記号を一覧にしてご紹介します。

 

速度記号 意味 メトロノーム記号
Grave(グラーベ) 重々しく ♩=42前後
Largo(ラルゴ) 幅広く、とてもゆるやかに ♩=46前後
Lento(レント) 遅く ♩=52前後
Adagio(アダージョ) ゆるやかに ♩=56前後
Larghetto(ラルゲット) やや遅く ♩=60前後
Adagietto(アダージェット) アダージョよりやや速く ♩=66前後
Andante(アンダンテ) 歩く速さで ♩=72前後
Maestoso(マエストーソ) 荘厳に、威風堂々と ♩=80前後
Moderate(モデラート) 中くらいの速さで ♩=96前後
Allegletto(アレグレット) やや速く ♩=108前後
Animato(アニマート) 活き活きと速く ♩=120前後
Allegro(アレグロ) 速く ♩=132前後
Assai(アッサイ) 十分に速く ♩=144前後
Vivace(ビバーチェ) 快速に ♩=160前後
Presto(プレスト) すごく速く ♩=184前後
Prestissimo(プレスティッシモ) 極めて速く ♩=208前後

補足ですが、楽譜にテンポを書いていない場合、演奏者の解釈によりテンポを決めることになります。

関連記事

Article Ranking