音楽用語の「rit.」の意味とは?音楽記号の意味をご紹介!

音楽用語の「rit.」とは?「rit.」は聞いたことがなくても、正式名称なら、ご存知の方も多いかもしれません。クラシック音楽の楽譜にはよく出てきますよね。ここでは、音楽用語の「rit.」について、正式名称とその意味をご紹介します。

音楽用語の「rit.」の意味とは?

Photo bySebastiano_Rizzardo

音楽用語の「rit.」は、「リット」と読み、クラシック音楽で使われる速度記号のひとつです。

イタリア語の「リタルダンド (ritardando)」の省略形で、「だんだん遅く」という意味です。たいてい、曲の一番最後や、曲想が変わる直前など、終わりや変化の強調として使用されます。

同様の意味の音楽用語に、ラレンタンド(rallentando)がありますが、ニュアンスが異なります。

リタルダンド (ritardando)は、時間に遅れるイメージですが、ラレンタンド(rallentando)は、意図的に遅らせるイメージです。このニュアンスを演奏に反映させるのは難しいですね。

言葉で理解できても、このニュアンスだけを頼りに演奏しようとするのは無理があります。譜面から作曲家の意図を読み取ることが大切です。

のイメージ
リタルダンドの意味や記号の書き方は「rit.」?ラレンタンドとの違いも紹介!
リタルダンドとは、小学校や中学校の音楽の授業でも出てきますよね。ご存知の方も多いと思います。では、ラレンタンドについてはいかがでしょう。ここでは、リタルダンドについてご紹介します。合わせてラレンタンドとのニュアンスの違いについてもご紹介します。

関連記事

Article Ranking