【音楽理論】調号とは何か?初心者にも分かりやすく丁寧に解説

楽譜の頭に「♯」や「♭」がついていることがあります。
これを調号といいます。
調号はその曲の調性、いわゆるキー(KEY)を表しています。
よく「ハ長調」とか「C」とか言われるものです。
今回は、調号が何を意味しているのかをご説明します。

記事の目次

  1. 1.【調号まとめ】調号一覧
  2. 2.【調号まとめ】まずは基本から…長調と短調とはどんな意味がある?
  3. 3.【調号まとめ】長調と短調の意味がわかったら…調号の中にあるハ長調・ニ長調とは何?
  4. 4.【調号まとめ】調号の意味
  5. 5.【調号まとめ】そのほかにはどんな調がある?

【調号まとめ】調号一覧

まずは、調号の一覧をご覧ください。

いきなりで分からないと思っても大丈夫です。
苦手な人は頭が痛くなりますよね(笑)。

でも、深く考えずに音符の最初を見てください。
♭や♯がついてますよね?
これが調号です。

♭の読み方は「フラット」です。半音下げてください、という意味です。
また、♯は「シャープ」です。半音上げてげてください、という意味です。

上の表のとおり、♯や♭の数に○○調が対応してます。

例えば、♯1つだと「ト長調」または「ホ短調」となります。

で、ト長調とは?の前に「長調」とか「短調」という言葉が出てきました。
この「調」とは何なのかを見ていきたいと思います。

【調号まとめ】まずは基本から…長調と短調とはどんな意味がある?

先程の「調」とは「調性」のことを意味しています。
英語ではキーといい、よくカラオケに行くと「低いからキー上げて!」なんて言われる時がありますが、このキーが調性です。

調性には「長調」と「短調」があります。
よく、長調は明るい雰囲気の曲、短調は暗い雰囲気の曲といわれますが、これはあくまでもイメージのお話です。

正確には「長調」と「短調」は音の並べ方の間隔を意味する言葉です。
長調(長音階)とは英語で「メジャースケール(major scale)」、短調(短音階)とは「マイナースケール(minor scale)」といいます。

このスケールが音の並べ方を意味するのです。

まずは、長調のスケールを見てみましょう。
 

メジャースケール(ハ長調)

長調の代表である「ハ長調」です。

名前は置いておいて、ドレミファで鍵盤の間隔をみてみると、ドとレの間やファとソの間は黒い黒鍵が挟んであります。黒鍵は白い白鍵の半分の音の高さで「半音」といいます。
つまり、ドとレの間やファとその間は半音2個分、これを「全音」といい、ドレミまでは全音1個分ずつの間隔で並んでいます。
一方、ミとファの間、シとドの間は黒鍵がありません。
これは黒鍵はないのですが、間隔が半音1個分になります。

つまり、ドレミファの間隔は、全音〜全音〜半音〜全音〜全音〜全音〜半音で並んでいるわけです。
頭文字だけで並べると、「全全半全全全半」の間隔で並べたスケールを「長調(メジャースケール)」または「長音階」といいます。

続いて、短調を見てみましょう。

マイナースケール(イ短調)

短調の代表の「イ短調」です。

今度は、「全半全全半全全」となっています。
この間隔で並べた音階を「短調(マイナースケール)」または「短音階」といいます。

長調と短調をまとめると・・・

調とは調性の意味で、英語ではキーと言いました。
調性には長調と短調があり、この並び方が音階(スケール)と言うんでしたね。

並び方が

  • 「全全半全全全半」の場合を「長調」といいます。
  • 「全半全全半全全」の場合を「短調」といいます。

これがわかれば調性の半分は理解できたも同然です!

【調号まとめ】長調と短調の意味がわかったら…調号の中にあるハ長調・ニ長調とは何?

ハ長調とは

長調と短調がわかったので、もう1歩進めてみましょう。
長調の例で出てきた「ハ長調」を見てみます。

簡単にいうと、「ハ」から出発する「長調」をハ長調といいます。
では、「ハ」とは?

日本語表記で「ハ」とは「ド」の音を意味します。
英語では「C」ですね。

ということで、「ハ長調」とは「ド」から出発する「長調」を作ってくださいね、という意味になります。
英語では「C」の「メジャースケール」ですから、「Cメジャー(C major)」ということになります。

それでは、「ド」から出発する「全全半全全全半」の長調のスケールで
音を並べてみましょう。

先ほどと同じ図ですね(笑)。

ハ長調は長調のスケールの並びと鍵盤の白鍵の並びがピッタリです。
なので、音楽を習うときはハ長調から出発するのが好都合でなのです。

なんで「イ」ではなく「ハ」からなの?

ドレミ、と出発する割には日本語では「ハニホ」で英語でも「CDE」でした。
なんで「イロハ」あるいは「ABC」じゃないの?と疑問に思った方もいらっしゃいますよね。
このあたりは諸説あるようですが、昔々の音楽は「ラ」から始まることが普通だったから、ということのようです。

興味のある方は、以下リンクを参照してください。

二長調とは

次のページ

【調号まとめ】調号の意味

関連記事

Article Ranking