日本で独自に生まれた音楽『シティポップ』が今大人気な理由は?おすすめ曲もあわせてご紹介

2016年頃から世界から注目を浴びる日本の「シティポップ」とは一体なんなのか? 「シティポップ」とはいつ生まれた音楽なのか? 「シティポップ」とはどういうジャンルの音楽なのか? 代表的なアーティストの曲を交えて紹介していきます。

そもそも『シティポップ』とはどんな音楽なのか

おしゃれなサウンドとしてのイメージが強いシティポップ

「シティポップ(city pop)」とは何か? 
それは1970年末〜1980年末にかけて「日本発」のある特定のジャンルの音楽をそう呼んでいます。

なぜか2016年頃から、海外で人気に出てきて、Youtubeで「シティポップ(city pop)」と検索すると、海外のユーザが作ったplaylistが出てくる、出てくる。

特にYoutubeで2,000万回以上再生されている「竹内まりや」の「Plastic Love」という名曲があります。それまでは、公式にはMVもありませんでした。この曲は1984年にリリースのアルバム『バラエティ』に収録の曲です。CDが存在しない時代ですし、アナログ・レコードでリリースされていたアルバムです。

YoutubeにコピーがUploadされ、消されてはUploadされを繰り返し、とうとう公式サイトから『Short Ver.』のMVが出ました。世界中で愛される日本の「シティポップ(city pop)」の代表曲である、この名曲をまず聴けば「シティポップと何か?」を感じると思います。

この曲の様に「大人の雰囲気」「都会の夜の街」「夜の街をドライブ」といったアーバンな雰囲気の曲は「シティポップ」と呼んでいます。

2019/5にはとうとうYoutubeにの「シティポップ(city pop)のLIVE配信CHを作った海外の方も出てきました。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

Article Ranking