音楽用語「sonore」の意味を解説!

sonoreは、イタリア語ではソノーレ、フランス語ではソノールと読みます。どのような意味なのでしょう。同様の意味の音楽用語に「sonoro(ソノーロ)」もありますね。ここでは、音楽用語「sonore」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「sonore」の意味とは?

音楽用語「sonore」の意味とは?

Photo byHeungSoon

sonoreとは、クラシック音楽で使われる発想記号のひとつです。

イタリア語では「ソノーレ」、フランス語では「ソノール」と読みます。「朗々と響かせて」を意味します。
透明感のある、はっきりした音でよく響かせて演奏します。

ちなみに、sonoreは、イタリア語で「鳴り響く、えんそうする」を意味するsonare(ソナーレ)からきています。さらに、sonare(ソナーレ)は、「演奏されるもの」を意味するsonata(ソナタ)の語源でもあります。

sonata(ソナタ)については、器楽曲の形式のひとつとしてご存知の方も多いのではないでしょうか。sonata(ソナタ)に関連する用語として覚えておけば、sonoreの意味も引き出しやすいですね。

のイメージ
ソナタ形式の意味とは?ソナタ形式について分かりやすく解説!
ピアノ曲でよく耳にするソナタ。ソナタの楽章の中ではソナタ形式という展開で作られている場合があります。今回はソナタ形式とはどのような作りなのかを分かりやすく解説します。ソナタ形式を理解して曲を聴いてみるとまた違った音楽のように聞こえるので、ぜひご覧ください。

関連記事

Article Ranking