音楽用語「agitato(アジタート)」の意味を解説!

agitato(アジタート)とは?クラシック音楽の楽譜ではよく見かける音楽用語ではないでしょうか。ラフマニノフの鐘やショパンの幻想即興曲などでも使われています。ここでは、音楽用語「agitato(アジタート)」についてご紹介します。

音楽用語「agitato(アジタート)」の意味とは?

agitato(アジタート)とは、クラシック音楽で使われる発想記号のひとつです。

イタリア語で「興奮して、急き込んで」の意味です。

参考までに、ラフマニノフの「前奏曲 嬰ハ短調 作品3の2(鐘)」を聴いてみてください。

agitato(アジタート)の指示があるのは、この動画の1分54秒~2分37秒の部分です。

切迫した感じが表れていますよね。だからといって、我を忘れているわけではなく、冷静さも感じられます。
自分の中に冷静さは残しつつ、感情の高まりや切迫した感じを表現する、これがagitato(アジタート)を聴かせるコツの1つの方法です。

関連記事

記事を評価する

評価 5.0 / 5(合計1人評価)

Article Ranking