【RADWIMPS】の「告白」は結婚式にぴったり?胸に刺さる歌詞を読み解く!

これまでにも数多くのラブソングを生み出してきたRADWIMPS。その中でも名曲として評価されているのが『告白』という楽曲です。天才的な歌詞が話題のRADWIMPSの『告白』とはどんな曲なのか、ご紹介していきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.日本の人気ロックバンドRADWIMPS
  2. 2.代表的ラブソングの一つ『告白』とは
  3. 3.心に刺さる深い歌詞
  4. 4.まとめ

日本の人気ロックバンドRADWIMPS

Photo byFree-Photos

今や日本を代表するロックバンドとして活躍するRADWIMPS。

RADWIMPSらしいメロディーやサウンド、歌詞を確立しながらも1つの枠にとらわれることないオリジナリティ溢れる音楽でさまざまな世界を表現するバンドです。

メジャーデビューは2005年。若者を中心に絶大な人気を誇り今でも最前線を駆け抜け、デビューから10年以上経った今でもその人気は衰えることなく、ライブやツアーを実施すると満員御礼。

国内でのロックファンからの人気はもちろんのこと、海外でのライブを開催したり映画音楽の監修をしたりして活躍の場を広げ続けており、世代を超えて評価され常に絶頂期のような勢いを見せるRADWIMPSというバンドの規模は現在でもどんどん大きくなっています。

彼らは生死観や恋、誰かを愛することや友情など、さまざまな観点や世界観の名曲をこれまでにも生み出してきました。

そんな中で、RADWIMPSのラブソングとして非常に人気で評価されているのが、今回取り上げる『告白』という楽曲です。

代表的ラブソングの一つ『告白』とは

フリー写真素材ぱくたそ

『もしも』や『25コ目の染色体』や『ふたりごと』、『有心論』など、RADWIMPSはこれまでにもさまざまなラブソングをリリースしてきました。

明るくアップテンポな曲もあればしっとりと美しい曲もあったり、時には切ないサウンドで奏でられたりとさまざまな雰囲気のラブソングがあり、また歌詞の世界観も楽曲によって変わります。

同じ”愛”というものについてもいろいろな視点から、なおかつRADWIMPSらしい独特な世界観で歌われることで、彼らの楽曲として数多く存在するラブソングの1曲1曲がそれぞれの魅力を持っているのです。

そんな中でも『告白』はファンからの評価も非常に高く、ラブソングとしてはもちろんのこと”RADWIMPSの楽曲”という分類としても人気で、落ち着いた楽曲でありながらも好きな曲の上位に挙げる人が多い名曲です。

古くからのRAWIMPSのファンも、デビュー当時にリリースされた人気の名曲と並べて『告白』を好きな曲として並べていることが多く、RADWIMPSが改めていまだに絶やすことなく名曲を生み出していることを実感させられます。

ライブでも非常に人気の曲で、生で聴く『告白』に感動して思わず涙するファンもたくさんいます。『告白』を聴くと実際に参加したライブの光景が蘇るという声もあり、ゆったりとしたバラードですがそれだけ人の心に深く刻み込まれる楽曲であるのです。

また、カラオケでもよく歌われている人気曲で、テンポがゆっくりなので気持ちを込めて気持ちよく歌えると評判です。

好きな人がRADWIMPSのファンであれば、この曲を歌うことで”告白”するなんていう粋な演出も素敵かもしれませんね。

アルバム「人間開花」に収録される

Photo byFree-Photos

『告白』は、2016年にリリースされたアルバム「人間開花」に収録されています。

「人間開花」はRADWIMPSにとって通算8枚目、メジャー6枚目のアルバムで、オリコン週間ランキングでは1位を獲得しました。

2013年にリリースされた「×と○と罪と」から約3年ぶりのオリジナルアルバムで、『告白』の他にも『前前前世 [original ver.]』や『スパークル [original ver.]』などの話題曲が収録されています。

結婚式にぴったり?!

Photo bytaylorjamesphotos

『告白』はその歌詞の内容から結婚式にぴったりと言われており、実際に披露宴などでこの曲がBGMとして使用されることもあります。

実はこの曲はボーカルの野田洋次郎が友人の結婚式のために作り歌った曲のようです。

いつか自分の結婚式でこの『告白』を流したいと言うファンも多く、この曲を聴くと改めて結婚の素晴らしさや愛の尊さを感じさせてくれます。

ピアノの音色が美しく、優しく歌い上げる野田洋次郎の柔らかい声がしっとりと感動的な雰囲気を演出してくれる楽曲ですので、幸せな結婚式でこの曲が流れれば感動の気持ちがより強まって思わず涙がこぼれてしまいそうですね。

関連記事

Article Ranking