【平成の名曲】長く愛され続ける名曲ランキング18選

平成の時代に人々の心に響いた名曲を、ランキング形式でご紹介したいと思います。辛い時、悲しい時に音楽を聴いて乗り越えた経験がある人はたくさんいると思います。嬉しい時には音楽で、心を盛り上げる事もあるのではないでしょうか。平成のヒット曲は歴史に残る名曲揃いです。

記事の目次

  1. 1.平成の歴史を飾る名曲を振り返る
  2. 2.平成を語るには欠かせない名曲選【5曲】
  3. 3.嗚呼青春の日々!思い出の名曲選【5選】
  4. 4.カラオケで盛り上がる懐かしい名曲選【5選】
  5. 5.故郷を思い出す懐かしの歌謡曲名曲【3選】
  6. 6.時代を表す名曲いかがでしたか?

平成の歴史を飾る名曲を振り返る

フリー写真素材ぱくたそ

平成という時代を彩ったJPOPや歌謡曲の名曲の数々を、ご紹介していきたいと思います。

ミスターチルドレンやB’z、宇多田ヒカルから千昌夫などカラオケでも沢山の人に歌われた名曲があります。

オリコンランキングやセールスランキングを基にしたヒット曲から平成という時代を振り返ってみましょう。


 

平成を語るには欠かせない名曲選【5曲】

Photo bymarcoreyesgt

平成を語る上で欠かすことの出来ない名曲をご紹介いたしましょう。昭和を彩った歌手といえば、美空ひばりから千昌夫、ぴんから兄弟やピンキーとキラーズなど枚挙にいとまがありません。

平成はJPOPが進化を遂げた時代だったのではないでしょうか。スピッツやミスターチルドレンや宇多田ヒカルなどはまさしく平成を代表するアーティストと言えるでしょう。

サザンオールスターズや長渕剛の様に昭和から平成、そして令和まで長く愛されているミュージシャンも多くいます。歌謡曲の世界も勿論、千昌夫や北島三郎の様に本当に長く活躍している人が沢山います。

【1】イノセントワールド/ミスターチルドレン

「innocent world」(イノセントワールド)は、1994年に発売されたミスターチルドレンの5枚目のシングルで1994年度の年間シングルのオリコンチャートで1位を獲得しています。
 

1994年度の日本レコード大賞で「イノセントワールド」が大賞を受賞した時には、メンバーは「Tomorrow never knows 」のプロモーションビデオの撮影の為オーストラリアにいたので、授賞式を欠席した事も話題になりました。

【2】Automatic/宇多田ヒカル

「Automatic」は1998年に発売された、宇多田ヒカルのデビューシングルです。この時何とまだ15歳!とても信じられない完成度の高さです。オリコンランキングでは1位は獲得してない曲の中での(1999年2月のシングルのオリコンチャートでは1週だけ1位を記録)セールスランキングは歴代1位となっています。


 

【3】CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵

平成を代表するアーティスト、安室奈美恵の1997年発売の9枚目のシングルです。安室奈美恵の最大のヒット曲で、1997年の年間シングルのオリコンチャート、カラオケリクエスト回数共に1位を記録しています。

日本国内の女性ソロアーティストのシングルセールスランキングで1位を記録している、まさしく平成を代表する大ヒット曲です。

関連記事

Article Ranking