SMAPの名曲「オレンジ」の歌詞の意味とは?また何の主題歌だったの?

SMAPの名曲「オレンジ」の歌詞の意味とは?また何の主題歌だったの?

SMAPの「オレンジ」の歌詞の意味は?ドラマの主題歌だったのか?作詞作曲者は?歌詞の最後の箇所を鶴の一声で変更させた、あのメンバーは誰なのか?の疑問を解き明かす記事です。SMAPファン以外からも「いい歌」と称される名曲のことを詳しく知りたい方、必見の内容です。

    SMAPの名曲「オレンジ」

    ライブ
    Photo byPexels

    2016年に解散した人気アイドルグループ、SMAP。

    「世界に一つだけの花」「夜空ノムコウ」「らいおんハート」など数々の名曲をヒットさせた彼らの歌は、今でもたくさんの人々に愛されています。

    SMAPの曲の中でも、隠れた名曲と称される一曲が「オレンジ」で、
    この曲は草彅剛さん主演のドラマ、フードファイトの主題歌「らいおんハート」のカップリングです。

    作詞作曲は、株式会社よしもとミュージックパブリッシングに所属する市川喜康さん。

    SMAP以外にもKinKi Kids、V6などのジャニーズの名だたる名曲やkあるあゆるドラマ主題歌の作詞作曲も手掛けているミュージシャン・音楽プロデューサー・作詞作曲家です。

    市川さんが作詞したオレンジの歌詞の最後は『さよなら。』で終わる予定だったそうですが、SMAPのとあるメンバーの鶴の一声で『ありがとう。』に書き換えられたというエピソードもあります。
    (とあるメンバーの正体は、後ほど明かします)

    そんなオレンジの歌詞について、独自の解釈をご紹介します。

    SMAPのオレンジの歌詞の意味は?

    オレンジが「いい歌」「名曲」と称される理由のひとつが、正統派バラード然としたメロディーとセンチメンタルな気持ちになる歌詞の世界観です。

    一度でも恋をしたことのある人の気持ちには、刺さる歌詞なのではないでしょうか。

    ここでは、オレンジの歌詞の意味について、フレーズをご紹介しながら解説します。

    SMAPの名曲オレンジは、みかんではなく夕日を意味していた

    オレンジの夕焼けに染まる男性
    Photo bygeralt

    オレンジといえば、みかんを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、この曲のオレンジとは夕日を意味します。

    それは歌いだしの歌詞を見ればわかります。

    小さな肩に背負い込んだ僕らの未来は
    ちょうど今日の夕日のように揺れてたのかなぁ

    二人の人物の未来が定まらないさまが、夕日の揺れ(=夕日が出てきて沈んでいくまでの流れ)に例えられていることが読み取れます。

    この出だしの歌詞からも、なんだか切ない歌の始まりであることが想像できますね。

    関連記事

    記事を評価する

    記事を評価しよう