話題のスーパー銭湯アイドル【純烈】って?!メンバーを一挙ご紹介!

スーパー銭湯アイドルとしてシニア女性の間で爆発的に人気が出たイケメン歌謡コーラス・グループ「純烈」!
デビュー当時からの夢を実現し、紅白歌合戦への出場も果たすことが出来ました。
こちらでは純烈のメンバープロフィール、人気曲を独自にご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.話題のスーパー銭湯アイドル「純烈」
  2. 2.メンバー紹介
  3. 3.
  4. 4.純烈の人気曲ご紹介
  5. 5.まとめ

話題のスーパー銭湯アイドル「純烈」

2010年にメジャーデビュー以来、元戦隊ヒーロー出身の俳優などで構成された、平均身長183cmというイケメン歌謡コーラス・グループ。

彼らのステージは、主に全国各地のスーパー銭湯や老人施設でした。

スラリと背が高く、ジャニーズに匹敵する位のイケメン揃いですが、どこか懐かしい昭和の香りを漂わせています。

スーパー銭湯に来れば間近で会えるとあって、年配の女性たちに大変支持され、口コミで徐々に人気が拡大していきました。

ステージ上ではムード歌謡といわれる昭和に流行ったジャンルの楽曲を、アイドルのような派手なパフォーマンスで歌って踊り、「キャー!!」という黄色い歓声でスーパー銭湯の宴会場は熱気ムンムン、そしてトークで女性たちの心を掴んでいました。

ステージ上だけがステージではないというポリシーのもと、ライブ中に舞台を降り客席で握手をするスキンシップを行なうという、アイドルらしからぬ芸風で、シニアを中心とした女性たちに爆発的な人気を集めています。

ムード歌謡が持ち歌の『純烈』は、4人中3人が戦隊ヒーロー番組に出演していた経歴があり、その人気はいまやTVにも広がり、“スーパー銭湯アイドル”として情報番組などにも多数出演を果たしました。

グループ名の由来ですが、「純粋であり、かつ強く正しく節操や分別がある」「志を変えずに最後まで貫く」という意味が込められているそうです。

2018年に発売したシングル「プロポーズ」は10万枚を超えるセールスを記録し、同年9月度のゴールドディスクに認定され、結成以来掲げてきた「夢は紅白!親孝行!」という夢を、ついに実現可能としました。

純烈のモバイルショップでは、限定のオフィシャルグッズの購入が可能となっており、一番人気はピンク色でハート形のペンライト。

ライブで持っていたほうが絶対盛り上がれそうですもんね。

他にもTシャツ、タオル、トートバックなど定番的なものから、中にはシニア層を狙ってなのかエプロン等も取り揃えてあります。

 

メンバー紹介

純烈は、現在リーダーの酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平、後上翔太から構成される4人グループとして活動しています。
メンバーのプロフィールを振り返っていきましょう。

酒井一圭(さかい かずよし)

プロフィール

  • 生年月日:1975年6月20日
  • 出身地:大阪府吹田市
  • 身長:186cm
  • 血液型:AB型
  • 結婚歴:既婚
  • 趣味:競馬・ドライブ
  • 特技:目覚ましを掛けないで時間通りに起きる
  • 好きなアーティスト:ビートルズ、岡本太郎
  • 好きな作家・漫画家:Paulo Coelho、宮崎駿、黒澤明、鳥山明

千葉県立柏西高等学校卒業。少年時代の夢はアントニオ猪木(プロレスラー)になること、あばれはっちゃくになること、『太陽戦隊サンバルカン』のバルイーグルになることでした。

両親に懇願して児童劇団に入り、9歳当時にオーディションを勝ち抜いて「5代目あばれはっちゃく・桜間長太郎」の役を射止め、しっかり夢を叶えた努力家でもあります。
また、競馬評論家としても有名で、幼少時代から親戚らの影響で競馬に慣れ親しんでおり、牧場で馬に触れながら本格的にのめり込むようになったとの事。

競馬予想家としてnetkeiba「馬券総合倶楽部」にて毎週連載を寄稿、歴代最高配当記録(200万馬券)を保持。コラムやエッセイも寄稿している、相当熱心な地方競馬ファンでもあります。
酒井は純烈結成のきっかけを作った人で、実は2005年にプロレスラーとしてもデビュー、プロレス名鑑に名前が載っている、などなかなかに興味深い経歴の持ち主です。

【経歴】
逆転あばれはっちゃく(5代目桜間長太郎役) / 百獣戦隊ガオレンジャー(ガオブラック・牛込草太郎役) / 人間の翼(本田耕一役) / THE THIN RED品:「逆転あばれはっちゃく」、「シン・レッド・ライン」、「百獣戦隊ガオレンジャー」など。

白川裕二郎(しらかわ ゆうじろう)

プロフィール

  • 生年月日:1976年12月11日
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 身長:185cm
  • 血液型:A型
  • 結婚歴:既婚
  • 趣味:釣り、筋トレ
  • 特技:また割り・サーフィン・スキー・スノーボード
  • 好きなアーティスト:尾崎豊、ジョナサン・ラーソン
  • 好きな作家・漫画家:原哲夫

俳優になる前は大相撲の力士だったという興味深い経歴の持ち主だったという白川。確かに筋肉質で包容力がありそうな感じがします。

大相撲の朝日山部屋に入門して、1995年9月場所に本名の白川という四股名で初土俵を踏んだ経歴を持っており、大相撲時代の体格は身長182cm、体重82kgと小柄な力士で、自身は当時1日に米1升のノルマと、プロテインを混ぜたドリンクを飲むのが苦痛だったそうです。
1996年7月場所より四股名を綱ノ富士に改名しましたが、怪我のために1996年9月場所限りにわずか入門1年で引退し、その後母親から劇団のポスターを見せられた事がきっかけで、俳優に転身することになりました。

【経歴】
「忍風戦隊ハリケンジャー」、大河ドラマ「功名が辻」、大河ドラマ「天地人」、ミュージカル「ミュージカルホンク」など。純烈ではメインボーカルを務めています。

小田井涼平(おだい りょうへい)

プロフィール

  • 生年月日:1971年2月23日
  • 出身地:大阪市此花区生まれ、兵庫県川西市育ち
  • 身長:188cm
  • 血液型:A型
  • 結婚歴:既婚
  • 趣味:模型制作 DVD鑑賞
  • 特技:スキー、スノーボード、バレーボール
  • 好きなアーティスト:バービーボーイズ、ユニコーン、米米クラブ
  • 好きな作家・漫画家:三谷幸喜、中島かずき、福井晴敏、鳥山明、桂正和、井上雄彦、原哲夫、三浦健太郎

神戸学院大学卒業後、地元の通信機器メーカーに就職しましたが、仙台での勤務を命じられたのを機に、涼平の名でモデル活動を開始しています。
会社勤務と並行しながらJA東北や山形新聞など地場大手企業のCMに出演、やがてモデルの面白さに魅かれ、会社を退職した後は東京に居を移し、男性向けファッション雑誌『Gainer』や各ブランドの発表会などで活躍していました。

小田井の嫁はタレント、歌手、映画コメンテーター、プロレスラーなど様々な経歴を持つLiLiCo。結婚発表時は仲睦まじい様子が話題となり、大変注目を集めました。

【経歴】
仮面ライダー龍騎(仮面ライダーゾルダ・北岡秀一役)/機動戦士ガンダムSEED(オルガ・サブナック役)/カネボウフーズCM「甘栗むいちゃいました」
仮面ライダーで俳優デビューを果たし、その後も、俳優やそしてモデル業でも活躍。G-STAR.PRO所属。

関連記事

Article Ranking