【X JAPAN】伝説のV系ロックバンドのメンバーを知っている?メンバーの経歴など徹底ご紹介

ヴィジュアル系ロックの走りともいえるX JAPAN。現在も日本だけでなく世界で活躍し続ける彼らですが、メンバー構成はどうなっているのでしょうか?こちらではX JAPANの初期メンバーから現メンバーまで総まとめ!X JAPANの歴史に触れてみてください!

記事の目次

  1. 1.伝説のV系ロックバンドX JAPAN
  2. 2.バンドの成り立ち
  3. 3.X JAPANメンバー(2020年)ご紹介
  4. 4.メンバーの洗脳疑惑、死などさまざまなことを乗り越えて
  5. 5.X JAPANメンバーまとめ

伝説のV系ロックバンドX JAPAN

メジャーデビューは1989年

X JAPAN メンバークリックするとAmazon商品ページへ飛びます

X JAPANは日本のロックバンドです。日本における「ヴィジュアル系ロック・メタルバンド」の走りであり、確立をさせたといっても過言ではないバンドで、もはやその功績は伝説級ともいえます。

幼稚園のころからの幼馴染みであったYOSHIKIとToshIの2人が小学校6年生の時にバンドを組み、以降、中学、そして高校と共に活動を続けていく中で、「X」と付けたのが始まりです。それが1982年のことでした。

バンドは1985年にインディーズからシングル『I'LL KILL YOU』を発表します。そして1986年には『オルガスム』を発表。そして1988年にデビューアルバム「Vanishing Vision」を発表し、この作品がデビューながら初回プレス分の1万枚をすぐに完売するヒットとなります。

そしてソニーとメジャー契約をしたXは1989年、今でもファンの間で超名作とも言われるメジャーデビューアルバム、「BLUE BLOOD」をリリースしました。『紅』や『ENDLESS RAIN』といった名曲はこのアルバムに収録されています。

日本のロックバンドに多大な影響を与えた

X JAPAN メンバークリックするとAmazon商品ページへ飛びます

Xはその音楽性ももちろんですが、日本のロックバンドの「在り方」としても多大な影響を与えたバンドです。
彼らの当時のスタイル…髪を派手に染めて立てたり、メイクなどは当時の洋楽メタルバンドの影響は少なからずあったと思いますが、日本には当時はあまり見ないスタイルではありました。
しかしXデビュー後にそういったいわゆる「ヴィジュアル系」というバンドが増えてきたのは確かなことだと言えます。

余談ですが彼らのデビュー当時、原宿周辺にはXのように髪を派手に染め、立てたスタイルをした女性ファンが多くいました。彼らのスタイルは当時社会現象ともなっていたと思います。

海外進出を機にバンド名を「X JAPAN」へ

バンドは1992年にソニーとの契約が切れたことをきっかけにアメリカ進出を決めました。
しかし当時アメリカには「X」というバンドが既に存在したために「X JAPAN」と改名することになったのです。

1997年、ToshIの脱退をきっかけにバンドは解散。しかし2007年に再結成、復活をし、現在に至ります。

バンドの成り立ち

X JAPANインディーズ時代のメンバー

X JAPAN メンバークリックするとAmazon商品ページへ飛びます

シングルデビュー時のXのメンバー紹介

X(X JAPAN)は、特に初期は非常にメンバーの入れ替わりが多く、全てを事細かにご紹介するのは難しいのですが、インディーズデビュー、すなわち、デビューシングルである『I'LL KILL YOU』発表時のメンバーについて、まずご紹介しましょう。

  • ToshI(当時の表記はTOSHI):ヴォーカル
  • YOSHIKI:ドラム
  • ATSUSHI:ベース
  • TERRY:ギター
  • TOMO:ギター
ATSUSHI(本名は徳沢淳)はToshIやYOSHIKIの高校の先輩で、X立ち上げのメンバーとして初期から共に活動していました。
しかし1985年、このシングル発表後に脱退をしています。

TERRY(本名は泉沢裕二)はYOSHIKIやToshIと同級生で高校のころから共にバンドをやっていました。
しかし彼も1985年にXを脱退しています。理由は、後に加入するTAIJIが彼とギターをプレイしたくなかったから、ということで、TAIJI加入の条件としてTERRYを脱退させること、だったそうです。なんともシビアですね…。
結局この条件をYOSHIKIが呑んだ形になりました。しかし2002年、TERRYは交通事故によって亡くなっています。

TOMO(本名はオガタトモユキ)は1984年から85年の1年の間だけ在籍していました。しかし彼もデビューシングル発表後に脱退。理由詳細はよく分かっていません。

インディーズ時代のXは結構はちゃめちゃで、「天才・タケシの元気が出るテレビ!!」のヘビメタコーナーに出演していたりしてましたね。
寝起きドッキリのようなところにまだ初々しいYOSHIKIが登場していたこともありました。

デビューアルバム「Vanishing Vision」時のXのメンバー紹介

1988年に発表された、X(X JAPAN)のデビューアルバム(インディーズ)、「Vanishing Vision」の当時のバンドメンバーをご紹介しましょう。

  • ToshI(当時はTOSHI):ヴォーカル
  • YOSHIKI:ドラム
  • HIDE:ギター
  • TAIJI:ベース
  • PATA:ギター
HIDEが加入したのは1987年のことです。HIDEといえば、色々と思い出すファンの方も多いことでしょう。HIDEについては詳しく後述したいと思います。

TAIJIは1986年から加入しています。上記しましたが、自分が入るならTERRYを辞めさせる、ということが条件でした。彼は元々ギターで、相当うまかったようです。
彼についてもまた、詳しくは後述します。

PATAはもともとサポートメンバーでしたが正式メンバーとして加入しました。彼は現在でもX JAPANのメンバーとして活躍しています。

X JAPAN メジャーデビュー時のメンバー

関連記事

Article Ranking