EXILE TRIBEのグループ・メンバーを一覧でまとめた!初代『EXILE』から現在までの歴史を辿る!

「EXILE TRIBE」と言われても、それはなんだろう? となりますよね。今改めて「EXILE TRIBE」とは何か? 今までのEXILEグループと何が違うのか? 詳しく整理していこうと思います。これを読めば明日から友達にも説明出来るようになれるはずです。

大人気ダンスボーカルグループ「EXILE」、今や数え切れないほどのグループができている

彼らを総して「EXILE TRIBE」と呼ばれる

「EXILE」と「EXILE TRIBE」ってまた違うグループなの? って思ってしまいませんか? よくよく見ていくと、EXILEの派生グループをまとめま「EXILE一族」と言う意味で「EXILE TRIBE」と呼んでいるようです。

この「EXILE TRIBE」は2014年以降じわじわとそのグループ、構成員は変化しています。ここでは2019年時点での「一族」について整理していきたいと思います。

EXILE TRIBEのグループ一覧

2019年時点での「EXILE TRIBE」以下のグループに分けられます。

  1. EXILE
  2. EXILE THE SECOND
  3. 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
  4. GENERATIONS from EXILE TRIBE
  5. THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
  6. FANTASTICS from EXILE TRIBE
  7. BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE
  8. 劇団EXILE
  9. SAMURIZE from EXILE TRIBE
それぞれのグループの特徴、メンバーについて個々にまとめていこうと思います。

EXILE

  • 【結成】・・・2001年に「J SOUL BROTHERS」にASAYAN「男子ボーカルオーディション」に参加していたATSUSHIと別枠からSHUNを加えたツイン・ボーカル&ダンスグループとしてEXILEは誕生しました。
  • 【歴史】・・・2001〜2006年を第一章とし初期のメンバーで活動します。ボーカルSHUNが脱退後、「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION」を行いTAKAHIROを新たに迎えた2006〜2009年が第二章となります。ここに更に「J SOUL BROTHERS(二代目)」を加えた2009〜2013年の活動が第三章となります。更に「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」で合格したメンバーを追加し2014年〜の活動を第四章としてスタートします。
  • 【特色】・・・EXILEグループの根幹のグループ。ここを起点に第一章〜第四章と常に進化を続けるグループです。ここで活躍したメンバーから派生し、新たなグループへと展開していきます。

EXILE HIRO

EXILEのリーダー&パファーマーでした。現在はLDH WORLDのCCOです。2013年12月31日パフォーマー引退しています。
 

SHUN

第一章のボーカルでソロ活動専念のために2006年3月29日脱退しています。

松本利夫

2015年12月31日パフォーマー引退し、現在は劇団EXILE 松組を主催しています。

EXILE USA

2015年12月31日パフォーマー引退し、現在はDANCE EARTHを主催しています。

EXILE MAKIDAI

2015年12月31日パフォーマー引退し、その後はPKCZとしても活動しています。

EXILE ATSUSHI

第一章から残る唯一のメンバーでメイン・ボーカルです。ソロとしても活動しています。

EXILE AKIRA

第二章から加わったパフォーマーです。EXILE THE SECONDとしても活動しています。

EXILE TAKAHIRO

第二章から加わったボーカルです。ソロとしても活動しています。

橘ケンチ、黒木啓司、EXILE TETSUYA、EXILE NESMITH、EXILE SHOKICHI

第三章から加わったパフォーマーです。EXILE THE SECONDとしても活動しています。

EXILE NAOTO、小林直己、岩田剛典

第三章から加わったパフォーマーです。三代目J SOUL BROTHERSとしても活動しています。

白濱亜嵐、関口メンディー

第四章から加わったパフォーマーです。GENERATIONSとしても活動しています。亜嵐は劇団EXILEにも所属していた時期もあります。

世界、佐藤大樹

第四章から加わったパフォーマーです。FANTASTICSとしても活動しています。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking