【11選】世界で大活躍するMaroon5の絶対に聞くべき名曲11選!

アメリカを拠点に活動するロックバンドであるMaroon5は、ポップロックというジャンルでありながら、クールでカッコ良く大人の色気が全面に出ている曲が人気のグループ。洋楽好きなら必ずチェックしておきたいMaroon5の名曲をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.知らない人はいない、世界で大活躍するMaroon5
  2. 2.【11選】絶対に外せない、Maroon5の人気曲ご紹介!
  3. 3.まとめ

知らない人はいない、世界で大活躍するMaroon5

Maroon5はアメリカで結成されたポップロックバンドで、世界で最も売れたバンドの一つとして数えられます。全世界で1億1000万枚以上の売り上げを記録しており、グラミー賞をこれまでに3つも獲得しています。デビューした2001年から、いま現在も衰えることのない人気ぶりです。

Maroon5の前身は、1994年に結成されたKara'sFlowersというバンドで、2001年に新メンバーを加え新しく作られたバンドがMaroon5となりました。ファーストアルバムの発売当初、全く世間から注目されませんでしたが、アルバム収録曲が映画「ラブ・アクチュアリー」のサウンドトラックに収録され、徐々に話題を集めることとなったのです。

結果的にファーストアルバムはトータルで1000万枚の売り上げを記録し、グラミー賞で最優秀新人賞を受賞し、世間にその名を轟かせ有名バンドへとのし上がる事になります。その後発表したセカンドアルバムはビルボード200で初登場1位を記録、サードアルバムは初登場8位ながらもロングランヒットで3ヶ月後には1位を獲得し、世界18ヶ国で1位を記録しました。

【11選】絶対に外せない、Maroon5の人気曲ご紹介!

This Love

リリースされたのは2002年。ファーストアルバムに収録されたこの曲は、現在でもMaroon5の名曲として人気が高いです。リリースから2年後の2004年には 『MTV VideoMusicAward』の最優秀新人賞を受賞しました。

タイトルの通り『恋』について書かれた歌詞は、自分勝手な彼女に振り回される彼氏目線で描かれています。彼女のことを分かっていて理解したいという気持ちがあれど、内心は彼女と付き合っていくことを諦めている、というような歌詞になっています。

Sunday Morning

日本でも車のCMソングにタイアップされ地名度のあるこの曲は、2002年リリースのファーストアルバムに収録されています。休日のドライブやゆったりと家で過ごしたいときにおすすめの楽曲です。

「Sunday Morning」というタイトルの通り『日曜の朝』のことを歌った歌詞となっています。ゆったりとした天気の良い日曜の朝、という訳ではなく、雨の日の日曜の朝から始まります。

人生には山あり谷ありで様々なことが起こるけれど、必要なのは彼女とゆったり過ごすこの時間、という内容。雨の日だろうが何だろうが彼女と過ごせればそれでいい、そのような男性の気持ちが歌詞に込められています。

Makes Me Wonder

関連記事

Article Ranking