【35選】クリスマスを感じるならこの洋楽!懐メロから最新のものまで一挙ご紹介!

クリスマスシーズンになるとクリスチャンではなくてもクリスマスソングを聴きたくなるものですね。やっぱりクリスマスソングといえば洋楽!ということでこちらでは洋楽クリスマスソングを35曲もピックアップしてお届けしています。ドライブデートにパーティーに是非!

記事の目次

  1. 1.クリスマスソングといえば洋楽が鉄板
  2. 2.洋楽クリスマスソングの発祥は?
  3. 3.洋楽クリスマスソング、誰と聴く?
  4. 4.【35選】懐メロから最新のものまで、洋楽のクリスマスソング一挙ご紹介!
  5. 5.洋楽クリスマスソングまとめ

㉒Christmas Lights / Coldplay

2010年にリリースされた、コールドプレイの曲。こちらはトラディショナルやカバーではなく、彼らのオリジナル曲です。
彼ららしいサウンドで、クリスマスのことが歌われています。

㉓Shake up Christmas / Train

こちらは2010年、コカ・コーラのクリスマスキャンペーンソングとして起用されていました。聞いたことがある、という方も多いのではないでしょうか?
ひたすらハッピーなクリスマスを過ごせる、そんな1曲ですね。

㉔Hoping For Snow / The Vamps

イギリス出身のグループ、ザ・ヴァンプスの曲です。「雪が降ることを待ってるんじゃなくて君が来ることを望んでいる」という歌詞のもの。クリスマス、というワードは入っていませんが、全体的にクリスマスを連想する曲です。

㉕I Saw Three Ships / Sting

邦題は「三隻の船」で、イギリスに古くから伝わるクリスマスにまつわる歌です。こちらも色んなアーティストがカバーしているのですが、今回はスティングのバージョンをご紹介します。
 

㉖We All Need Christmas / Def Leppard

あのデフレパもオリジナルのクリスマスソングを発表しているんですよね!こちらは2018年にリリースされたもので、シングルとして配信されました。
美しい旋律が印象的ですね!

㉗The Christmas Song / Weezer

ウィーザーによるクリスマスソング。歌詞中にクリスマスという言葉は出てこないのですが、ところどころからクリスマスの話だなと伝わります。失恋の曲なので恋人と聴くときには要注意です。

㉘Silver Bells / Steve Perry

元ジャーニーのヴォーカリスト、スティーヴ・ペリーによるものです。この曲もさまざまなアーティストが歌っているのですが、彼のバージョンを選びました。
こうしてみるとロックミュージシャンもクリスマスソングをたくさんカバーしてるんですよね。

関連記事

Article Ranking