90年代のミリオンヒット曲をご紹介!気になる第一位は?

今から30年~20年前の1990年代にどんな曲が流行っていたか、覚えていらっしゃいますか?こちらでは90年代のヒット曲を総まとめ!90年代のヒット曲がここですぐにわかっちゃいます!懐かしい…!!という気持ちとともに、振り返ってみませんか?

記事の目次

  1. 1.あの曲なんだっけ…昔流行った曲を振り返りたい!
  2. 2.【90年代】1990年の懐かしのヒット曲
  3. 3.【90年代】1991年の懐かしのヒット曲
  4. 4.【90年代】1992年の懐かしのヒット曲
  5. 5.【90年代】1993年の懐かしのヒット曲
  6. 6.【90年代】1994年の懐かしのヒット曲
  7. 7.【90年代】1995年の懐かしのヒット曲
  8. 8.【90年代】1996年の懐かしのヒット曲
  9. 9.【90年代】1997年の懐かしのヒット曲
  10. 10.【90年代】1998年の懐かしのヒット曲
  11. 11.【90年代】1999年の懐かしのヒット曲
  12. 12.いかがでしたか?

あの曲なんだっけ…昔流行った曲を振り返りたい!

90年代 ヒット曲
Photo byHOerwin56

1990年代…みなさんは何をしていましたか?青春時代真っ只中だった方もいらっしゃるでしょうし、20代でバリバリ働いていたという方もいらっしゃるかもしれません。中にはまだ生まれていなかったという方も!?

そんな1990年代に流行っていたヒットソングを、こちらでは一気に振り返りたいと思います。懐かしい!と思うもの、カラオケでよく歌ったなと思うものなどさまざまでしょう。多少のノスタルジックな感傷に包まれるのもたまには良いですよね!

それではどうぞ!

【90年代】1990年の懐かしのヒット曲

1990年の年間1位に輝いた「踊るポンポコリン」はアニメ「ちびまる子ちゃん」の主題歌で、アニメ曲が年間TOP10したのは1983年の「CAT'S EYE」以来となりました。

LINDBERGやプリンセス・プリンセス、 JUN SKY WALKER(S)などのバンドブームも起こり、曲もヒットさせています。

1990年【第1位】おどるポンポコリン/B.B.クイーンズ
・売上枚数:130.8 万枚
・どんなアーティスト?:B.B.クイーンズは1990年に「おどるポンポコリン」でデビューしました。デビュー当初は覆面アーティストでした。
・曲の豆知識:今や国民的アニメである「ちびまる子ちゃん」の主題歌です。1990年の第32回レコード大賞ポップス・ロック部門を受賞した他、NHKの紅白歌合戦にも出場しました。

1990年【第2位】浪漫飛行/米米CLUB
・売上枚数:61.9万枚
・どんなアーティスト?:米米CLUBは1982年に結成された石井竜也ら男女9人からなるバンド。他に「君がいるだけで」などが有名です。
・曲の豆知識:1990年に「JAL STORY 夏離宮キャンペーン」のCMのイメージソングとして起用されたことでシングル化が決定しました。なおCMには石井本人も出演していました。

1990年【第3位】今すぐKiss Me/LINDBERG
・売上枚数:61.9 万枚
・どんなアーティスト?:LINDBERGは1988年に結成されたロックバンド。2002年に解散しましたが2014年から再開しています。他には「BELIEVE IN LOVE」などがあります。
・曲の豆知識:この曲はフジテレビ系ドラマ「世界で一番君が好き!」の主題歌に起用されました。

1990年【第4位】さよなら人類/たま
・売上枚数:57.7 万枚
・どんなアーティスト?:たまは1990年にメジャーデビューしたバンドです。当時は「たま現象」なる社会現象を引き起こし、カラオケなどでも大人気となりました。
・曲の豆知識:この曲は宝酒造「純・アレフ」CMソングに起用され、同年の紅白歌合戦にも出場しています。

1990年【第5位】OH YEAH!/プリンセス・プリンセス
・売上枚数:56.7 万枚
・どんなアーティスト?:愛称は「プリプリ」、日本のガールズロックバンドの先駆けともなったバンドです。他には「Diamonds」や「M」などが代表曲。
・曲の豆知識:今はもうあまり流通してませんがソニーのカセットテープのCMソングでした。懐かしいですね。

【90年代】1991年の懐かしのヒット曲

1991年は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」やチャゲアスの「SAY YES」の2大ヒットソングが圧巻した、そんなイメージです。

海外の音楽事情としては、フレディ・マ―キュリーがエイズを公表後、亡くなったという大変大きなニュースがありました。

【第1位】Oh!Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に/小田和正
・売り上げ枚数:254.1万枚
・どんなアーティスト?:小田和正は元オフコースのメンバー。2016年にはアルバム「あの日あの時」で「アルバム首位獲得最年長アーティスト」の記録を塗り替えました。
・曲の豆知識:この曲はドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌として大ヒット、ダブルミリオンを記録しました。

【第2位】SAY YES/CHAGE&ASKA
・売り上げ枚数:250.4万枚
・どんなアーティスト?:通称「チャゲアス」。曲を出せばミリオンセラー、そんなスーパーデュオでしたが2019年にASKAが脱退しています。
・曲の豆知識:浅野温子と武田鉄矢のダブル主演によるドラマ「101回目のプロポーズ」の主題歌となり、ダブルミリオンを記録。未だに名曲と言われ、カラオケでも人気です。

【第3位】愛は勝つ/KAN
・売り上げ枚数:186.3万枚
・どんなアーティスト?:本名は「木村和(かん)」。ピアノ弾き語りで歌う姿が印象的です。「愛は勝つ」でブレイクしました。
・曲の豆知識:「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のエンディングに起用されたことがきっかけで大ヒットしました。カラオケでも盛り上がる1曲。

【第4位】どんなときも。/槇原敬之
・売り上げ枚数:116.4万枚
・どんなアーティスト?:高校生時代から作曲をしており、1990年に歌手デビュー。SMAPの大ヒット曲「世界に一つだけの花」の作詞作曲を担当しました。
・曲の豆知識:彼のシングルとしては最大のヒット曲です。ミリオンセラーを記録、1992年には春のセンバツ高校野球のテーマソングにもなっています。

【第5位】はじまりはいつも雨/ASKA
・売り上げ枚数:107.0万枚
・曲の豆知識:ASKAにとって3枚目のシングルとなります。映画「美味しい結婚」の主題歌。曲はミリオンセラーを記録しています。
・どんな時に盛り上がる?:やはり今でも名曲なのでカラオケで歌えば「懐かしい!」となって盛り上がるでしょう。
 

【90年代】1992年の懐かしのヒット曲

関連記事

Article Ranking