音楽用語「ポルタート(portato)」の意味をご紹介!

スタッカートにスラーがついた記号、ポルタート(portato)をご存知ですか?スタッカートとスラーは、矛盾しているように見えますが、1つの奏法記号です。ここでは、音楽用語「ポルタート(portato)」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「ポルタート(portato)」の意味とは?

音楽用語「ポルタート(portato)」の意味とは?

ポルタート(portato)とは、クラシック音楽で使われる奏法記号のひとつです。

イタリア語で「1つ1つの音を運ぶように、柔らかく区切って演奏する」という意味です。
同じ意味の奏法記号にポルタンド(portand)があります。

奏法としては、スタッカートとレガートの中間のイメージで、通常のスタッカートよりは長めになるように演奏します。
また、バイオリンなどの弦楽器では、弓を返さずに同じ方向に軽く切りながら演奏します。

楽譜には、以下のように表現されます。

  • 「portato」、もしくは「portand」
  • スラーとテヌートを併記
  • スラーとスタッカートを併記(メゾスタッカートと同じ)
参考までに、シューベルトの「即興曲 作品90の4」を聴いてみてください。
この動画の開始15秒~17秒のポルタート(portato)、5つの音が1音1音柔らかく運ばれていくように聴こえませんか。

のイメージ
音楽記号「スタッカート」の意味を解説!スタッカートを使った曲・似た意味の音楽記号をあわせてご紹介
スタッカートとは?クラシック音楽の楽譜にはよく出てくる音楽記号ですね。ここでは、音楽記号「スタッカート」の意味と、スタッカートに類似した意味の音楽記号をご紹介します。スタッカートを使った曲も掲載していますので、演奏方法の参考にしてください。

関連記事

Article Ranking