米津玄師の大ヒット曲『アイネクライネ』、あなたはタイトルの意味を知っている?歌詞もあわせて徹底紹介!

人気アーティストとして名高い米津玄師さん。数多くのヒット曲をだしていますが、米津玄師さんの名が世に出始めたヒット曲といえば「アイネクライネ」。皆さんは「アイネクライネ」のタイトルの意味を知っていますか?今回はタイトル、歌詞の意味について徹底考察していきます。

記事の目次

  1. 1.今や知らない人はいない大人気アーティスト、米津玄師
  2. 2.大ヒット曲『アイネクライネ』ってどういう曲?
  3. 3.『アイネクライネ』歌詞から想いを徹底考察!
  4. 4.米津玄師のおすすめ曲をご紹介!
  5. 5.まとめ

今や知らない人はいない大人気アーティスト、米津玄師

米津玄師さんといえばここ数年でいきなり有名になりましたよね。

米津玄師さんの才能は天才的といえますが、その才能が発揮されたのは時代の変化があってのことで、現代の技術が進歩していなければ世に出てくることはなかったかもしれません。

その理由を含めて、米津玄師さんについてみていきましょう。

ボカロ
Photo by tarte777

米津玄師の経歴は?

あまりにも有名になりすぎている米津玄師さんですので、米津玄師さんの経歴については知っている方も多いと思いますがお話いたします。

米津玄師さんが今のようにメジャーデビューする前はボーカロイド楽曲製作者として活動しておりました。

ここ数年で音楽業界に新しいジャンルとしてボーカロイドが出てきましたよね。そちらの楽曲政策をしていました。

その時のハンドルネームは「ハチ」になります。

「ハチ」時代でも様々な名曲を生み出しており、代表的なものとしては「マトリョシカ」や「砂の惑星」、「ドーナツホール」などがあります。

その中の「マトリョシカ」は「ハチ」が有名になるきっかけとなった曲となっていまして、早い段階で太鼓の達人でも遊べるようになったりしていました。

Youtubeの再生回数も2800万再生と新しくできたジャンルの中でもかなり有名だったことがわかります。

そのあとメジャーデビューを果たし、「米津玄師」という名前と「ハチ」という名前を二つ使い分けていた時期がありましたが、「ハチ」としての最後の曲「砂の惑星」を機に「米津玄師」の名前だけで活動をしていくという今の形になりました。

「ハチ」としての最後の曲となる「砂の惑星」ですが、こちらの曲を読み解いていくと米津玄師さんの意志が詰まったものになっておりまして、経歴を語るうえでこちらも重要な部分となりますので、次の見出しにてお話いたします。

ハチ(動画投稿者)とは (ハチとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
ボーカロイド
Photo by tarte777

ハチとしての最後の曲「砂の惑星」に込められた意味とは

こちらの「砂の惑星」という曲は先ほども記載しましたが、米津玄師さんが「ハチ」としての最後の曲となっています。

「砂の惑星」の歌詞内にも、ボカロ曲製作者としての思い出であったり、これからはハチとしての名前ではなく、米津玄師として曲を作っていくという決意であったりが詰まっている曲です。

また、MVでも初音ミク=ハチとして物語があらわされており、仲の良かった製作者や歌い手さんたちが辞めていくという悲しさ、ともにハチもその後を追って米津玄師として生きていくということがあらわされているため、ハチの曲ではありますが、今の米津玄師さんとは切っても切れない曲となっています。

もし聴いたことがないという方がいらっしゃいましたら、一度聴いてみることをおすすめします!

また、ハチとしての引退を一つの曲に詰めるという表現方法も米津玄師さんらしいですね。

今話題の新語「米騒動」の意味とは

米津玄師さんの動画を見ていると、コメントにて頻繁に「米騒動」とあります。

こちらは「米津玄師」の名前の「米」をとった言葉になり、歴史の事象とかかっています。

米津玄師さんの「米騒動」ですが、米津玄師さんの新曲がリリースされた際にネットで大騒ぎになるなど、米津玄師さんの話題で持ちきりになる様子を「米騒動」とあらわしているみたいです。

米津玄師さんのファンにはユニークなかたも多いですね♪

大ヒット曲『アイネクライネ』ってどういう曲?

柴咲コウさんの「アイネクライネ」

こちらは柴咲コウさんが歌う「アイネクライネ」になります。

しかし、こちらはカバーなどではなく、柴咲コウさんの歌となります。

同じ曲名ということで、間違う方もいらっしゃるようです。

米津玄師さんの「アイネクライネ」と同様、名曲ですね♪

『アイネクライネ』歌詞から想いを徹底考察!

関連記事

Article Ranking