音楽用語「troppo(トロッポ)」の意味を解説!

troppo(トロッポ)とは?allegro ma non tropや、moderato non tropなど、他の音楽用語と一緒に出てきますが、その意味は?ここでは、音楽用語「troppo(トロッポ)」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「troppo(トロッポ)」の意味とは?

音楽用語「troppo(トロッポ)」の意味とは?

フリー写真素材ぱくたそ

troppo(トロッポ)とは、イタリア語で「非常に、とても」を意味する音楽用語です。

ちなみに、non troppo(ノン・トロッポ)は、「ほどよく、度を超さずに」の意味です。

以下のように、他の音楽用語と合わせて使われます。

allegro ma non troppo(アレグロ・マ・ノン・トロッポ)

allegroには、「楽しい、快活な」という意味があり、maは、逆接を表します。allegroで、しかし、過度に快活さを出しすぎないように」という意味になります。

のイメージ
音楽用語「allegro(アレグロ)」の意味を解説!
allegro(アレグロ)とは、ピアノやクラシック音楽をされている方ならよくご存知の音楽用語ではないでしょうか。ピアノソナタなどでもよく出てきますね。ここでは、音楽用語「allegro(アレグロ)」についてご紹介します。

moderate non troppo(モデラート・ノン・トロッポ)

moderateには、「適度に、ほどよく」という意味があります。そのため、「moderatoで、過度にほどよさ、心地よさを求めすぎないように」という意味になります。

関連記事

Article Ranking