音楽用語「vivo(ヴィーヴォ)」の意味を解説!

速さを表す用語、「vivo(ヴィーヴォ)」の意味について解説しています。また、vivoと揃って使われる「allegro(アレグロ)」についても触れました。二つの用語を揃えることで、どのように解釈されるのか?についてもチェックしてみてください。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「vivo(ヴィーヴォ)」の意味とは?

音楽用語「vivo(ヴィーヴォ)」の意味とは?

Photo bymohamed_hassan

vivo(ヴィーヴォ)」とは、“いきいきと”、“活発に”、“速く”という意味のある、テンポを表す音楽用語です。

イタリア語の“vivere(ヴィーヴェレ)”が語源です。
vivereという言葉には、生きるという意味があります。そこから派生し“いきいきと”という意味を持つ言葉となったのがvivoです。

vivoと揃って使われる用語としては“allegro(アレグロ)”があります。

allegro=“快速に”“陽気に”という意味がありますが、vivoと揃って使われる際は“Allegro vivo”となり、“陽気に(アレグロより)速くいきいきと”と解釈されます。

のイメージ
音楽用語「allegro(アレグロ)」の意味を解説!
allegro(アレグロ)とは、ピアノやクラシック音楽をされている方ならよくご存知の音楽用語ではないでしょうか。ピアノソナタなどでもよく出てきますね。ここでは、音楽用語「allegro(アレグロ)」についてご紹介します。

関連記事

Article Ranking