音楽記号「sf」の意味を解説!「sfz」「sfp」とは?

クラシック音楽でよく出てくる「sf」のアクセント記号をご存知ですか?楽譜には「sf」と書かれていたり、「sfz」と書かれていたり。また、これらによく似た「sfp」というものもありますね。
ここでは、よく使われる「sf」などの音楽記号についてご紹介します。

音楽記号「sf」の意味とは?

sf(sforzando(スフォルツァンド)、あるいはsforzato(スフォルツァート))とsfp(sforzando piano(スフォルツァンド ピアノ))の記号

sf」とは、次の音楽用語の省略形にあたります。

  • sforzando(読み方は「スフォルツァンド」)
  • sforzato(読み方は「スフォルツァート」)
どちらもイタリア語で「その音を特に強く」を意味します。
「f(フォルテ)」にアクセントをつけたイメージです。

ちなみに、「sffz」や「sfffz」など、sとzの間にある「f(フォルテ)」の数が多いほど強くの度合いは大きくなります。

 sfz < sffz < sfffz

また、「sfz」の記号も、「sf」と同じで、sforzandoあるいはsforzatoの省略形です。

次に、「sf」とよく似た音楽記号「sfp」についてご紹介します。

sfpとは?

sfpとは、sforzando piano(読み方は、「スフォルツァンド・ピアノ」)の省略形です。
その音を特に強くし、以降は直ちに弱く」を意味します。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking