【21選】結婚式で手紙を読む時におすすめBGM/ウェディングソングを厳選してご紹介!

結婚式のプログラムで一番涙を誘うシーンといっても過言ではない、ご両親へ感謝の手編みを読み上げるシーン。
ここで使うBGM選びはとても大切なことですよね。
こちらでは手紙を読むシーンでおすすめ、人気の21曲をピックアップしてご紹介!ぜひ、参考になさって下さい!

記事の目次

  1. 1.人生のパートナーとの、大切な1日となる結婚式
  2. 2.両親への手紙を読むシーン、BGMの選び方は?
  3. 3.両親への手紙を読むシーンで使う曲は何曲くらい?
  4. 4.結婚式で手紙を読む時におすすめBGM/ウェディングソングを厳選してご紹介!
  5. 5.結婚式の手紙を読む時にぴったりの曲まとめ

人生のパートナーとの、大切な1日となる結婚式

結婚式 BGM
Photo byPexels

結婚式はお2人の門出をお祝いする大切なイベントです。さまざまな演出で盛り上げ、ぜひとも感動の日にしたいものですよね。
その際、重要な要素となってくるのが「BGM」です。音楽は、ある時は会場の雰囲気を盛り上げ、またある時は会場の涙を誘う大切なファクターとなります。

せっかくですから、お2人が好きな曲を選ぶことでさらに印象深い、忘れられない1日にしたいと思いませんか。

こちらでは結婚式の中で行われるさまざまなイベントの中でも特に、ご両親への手紙を読むシーンにおすすめの曲をピックアップしてお届けしたいと思います。

両親への手紙を読むシーン、BGMの選び方は?

結婚式 BGM
Photo byPexels

ご両親への手紙は主に新婦さんが読むことが多いですよね。これまで自分を育ててくれたご両親へ向けて、感謝の気持ちを込めてつづった手紙を読むシーンです。そしておそらくは一番感動の、泣けるシーンでもありますよね。

できれば、しっとりした感じの、バラード系がおすすめです。また、歌詞にも注意して、こちらもできればご両親に送るのにぴったりな歌詞の曲を選ぶのがいいでしょう。

自分たちの結婚式だから好きな曲を選ぶのはもちろんいいのですが、かといってこのシーンでメタル系など激しいテンポの曲を選ぶのは控えたほうがいいと思います。

せっかく、感謝の気持ちを読み上げるのにBGMに耳をとられてしまうことになってしまうことにならないような曲選びをしましょう。

両親への手紙を読むシーンで使う曲は何曲くらい?

結婚式 BGM
Photo byPexels

ご両親への手紙を読むシーンは、手紙の長さにもよりますが、そのあと花束贈呈まで入れると大体10分弱くらいでしょうか。
ですから1~2曲ほど、候補を選んでおくのがいいでしょう。

事前にリハーサルや、ご自分で書いた手紙を読む長さをはかってみて、それで決めるのもいいと思います。
しかし様々な理由から、この曲は使えない、と式場側から言われてしまう可能性もないとは言い切れないため、候補として3~4曲くらいは準備しておくといいでしょう。

結婚式で手紙を読む時におすすめBGM/ウェディングソングを厳選してご紹介!

それではご両親への手紙を読むシーンにおすすめのBGMを21曲、厳選してご紹介します。
邦楽、洋楽織り交ぜております。迷ったら是非参考にしてみてください!

①ありがとう / いきものがかり

いきものがかりの『ありがとう』はまさにご両親への「ありがとう」として人気の曲です。
文面にももちろん感謝の気持ちは込められると思いますが、普段あまり「ありがとう」と面と向かって親御さんに言える方はそう多くないと思いますので、歌に替えて、というのもいいですよね。

②たしかなこと / 小田和正

小田和正の優しい声にのせて、泣ける歌詞がつづられていきます。手紙を読み上げている間も決して邪魔することのない曲ですのでおすすめです。
読んでいる側もおもわずうるっときてしまいそうな曲ですね。

③ハナミズキ / 一青窈

一青窈の優しい声が、新婦さんの手紙を彩ります。素敵な歌詞もあって、結婚式では大人気の曲です。
楽曲も非常にシンプルなので、手紙を邪魔することもありません。100年続きますように、という部分はこちらはご両親から旅立つ娘さんへの言葉にもなりそうですね。

④The Rose / ベット・ミドラー

ベット・ミドラーの『The Rose』。リリースされたのは1980年のことですが未だに根強い人気を誇る曲です。洋楽ですが日本でも知名度は高いといっていいでしょう。

「冬の間土の中でじっと寒さに耐えている種は、やがて春になって見事なバラになる」…自分をここまで育ててくれたご両親への感謝の気持ちと、メッセージとしてぴったりではないでしょうか。

関連記事

Article Ranking