ボカロのバラードの名曲10選!【切ない曲/感動/泣ける】

ボカロの曲はテンポが速くて言葉数の多い楽曲ばかりだというイメージを持っていませんか?実は「ボカロの本当の魅力を知りたければバラードを聴け!」と言われているほど、バラードに名曲が多いのです。今回は思わず泣いてしまう、ボカロのバラードの名曲10選をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ボカロのバラードは人気の名曲がいっぱい!
  2. 2.ボカロのバラードの名曲10選
  3. 3.ボカロのバラードで人気の「歌ってみた」の歌い手
  4. 4.まとめ

ボカロのバラードは人気の名曲がいっぱい!

10代・20代を中心にブームとなったボカロ(ボーカロイド)曲ですが、テンポが速いく言葉数が多い楽曲だけではなく思わず感動してしまうような泣ける、切ない曲もいっぱいあります

いわゆる「バラード」に分類される楽曲たちです。

スピーディーなボカロ曲が大流行した従来から、昨今ではゆっくりめの楽曲の方がむしろ注目されています。

特定の誰かではなくボーカロイドが歌っているからこそ、聴いている人が自分自身に投影しやすくなり、深い共感を呼ぶのでしょう。

今回は数あるボカロのバラードの中から厳選した、名曲10選を中心にご紹介します。

ボカロのバラードの名曲10選

Photo byijmaki

ボカロ曲のバラードは人々が抱えている深い闇や恋愛・友情・家族に関する愛について、さらに失恋についての内容のものが多くあります。

「本家」と呼ばれるオリジナルを歌うのはもちろん、初音ミクや鏡音リン・レンなどのボーカロイドです。

制作者はボカロPと呼ばれるアーティストたちになります。

ボカロPたちが制作した本家の音源・動画とともに、どのような名曲があるのか、さっそく見ていきましょう。

ボカロのバラードの名曲①:小夜子

楽曲タイトル:小夜子(さよこ)
ボカロP:みきとP
ボーカロイド:初音ミク

ボカロ曲を多く発表している、みきとPの代表曲です。

「死にたくて」の言葉や傷ついた手首の描写などが印象的な歌詞ですが、イラストもサウンドも透明感があります。

主人公は楽曲のタイトルにもなっている小夜子です。

毎日が辛い彼女の赤裸々な想いが、初音ミクの無機質な声で歌われるのが悲しいですが「自分の気持ちを代弁してくれているようで、救われた」というようなコメントが、多く寄せられていました。

ボカロのバラードの名曲②:大切な人たちへ

楽曲タイトル:大切な人たちへ
ボカロP:傘村トータ
ボーカロイド:初音ミク

傘村トータもまた有名なボカロPの1人として人気があります。

ピアノ・サウンドのシンプルなバラード曲です。

ボカロ曲をあまり知らない方は、今までのイメージをくつがえされるかもしれません。

涙した方も多いという感動の歌詞は「音楽との出逢いによって救われた」という想いからはじまり、自分が無力であることや、見えない誰かの幸せを想う内容になっています。

ボカロのバラードの名曲③:she

楽曲タイトル:she
ボカロP:keeno
ボーカロイド:初音ミク

こちらはボカロPのkeenoが、活動からちょうど10周年の2020年6月28日に公開した楽曲です。

片思いの恋愛を綴った歌詞で、初音ミクの可愛らしい高い歌声にもよくマッチしています。

キャッチ―でどこか懐かしいサウンド・メロディラインも人気です。

全体の雰囲気が比較的J-POPに近く、ボカロ曲をあまり聞かない方でも親しみやすいでしょう。

ボカロのバラードの名曲④:オレンジ

楽曲タイトル:オレンジ
ボカロP:トーマ
ボーカロイド:初音ミク

高音ボイスが特徴の初音ミクですが、この楽曲では低音ボイスを聴くこともできます。

サビで一気にメロディが高くなり、ボカロならではの強みや魅力がぎっしりと詰まっているバラードです。

最後の「さよなら」の一節に魅了されたファンも多く、ボカロのバラードの中でも特に人気の1曲になりました。

また歌詞についてさまざまな解釈あり、考察関係のコメントも多くあります。

しかし現在、制作者のトーマのYouTubeチャンネルは削除されているようです。

ボカロのバラードの名曲⑤:悪ノ召使

楽曲タイトル:悪ノ召使(あくのめしつかい)
ボカロP:悪ノP
ボーカロイド:鏡音レン

鏡音レンのオリジナルであり、トリプルミリオンを達した楽曲です。

主人公はとある王国の幼い女王を支える召使で「鏡音三大悲劇」という、鏡音リン・レンで作られた悲劇を描いた物語の1つにもなっています。

歌詞に涙したというコメントが多数、寄せられていました。

ちなみにこちらは、悪ノPが制作した『悪ノ娘』という楽曲の対になる曲として発表されています。

ボカロのバラードの名曲⑥:心拍数♯0822

楽曲タイトル:心拍数♯0822
ボカロP:蝶々P
ボーカロイド:初音ミク

タイトルの「♯0822」は楽曲が投稿された8月22日を表しており、この日は制作者の蝶々Pが恋人と付き合いはじめた1周年記念の日だったそうです。

恋人にプレゼントするために作った楽曲として知られています。

生きることや、鼓動をテーマに制作したと蝶々P本人が語っており、ストレートで純粋な歌詞が印象的です。

ボカロのバラードの名曲⑦:おはよう、僕の歌姫

楽曲タイトル:おはよう、僕の歌姫
ボカロP:傘村トータ
ボーカロイド:Fukase&IA

人気ロックバンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル、Fukaseの声をもとに作られたのがボーカロイド「Fukase」です。

ピアノの音色が印象的なバラードで、傘村トータが制作した『明けない夜のリリィ』『あなたの夜が明けるまで』と同じ伴奏が使用されています。

歌詞が平仮名に統一されているのも印象的で、悲しいストーリーに涙した人も多い名曲です。

ボカロのバラードの名曲⑧:自傷無色

楽曲タイトル:自傷無色(じしょうむしょく)
ボカロP:ねこぼーろ
ボーカロイド:初音ミク

ねこぼーろは2009年頃より、ニコニコ動画で活動していました。

この曲で、自身で初めてのミリオンを達しています。

「必要悪」や「自分らしさ」について強く考えさせられる歌詞が、10代の若い世代の人々を中心に話題になりました。

ボカロのバラードの名曲⑨:ラプンツェル

楽曲タイトル:ラプンツェル
ボカロP:ナブナ
ボーカロイド:初音ミク

歌詞が「だ」「か」など“A”の音で終わることが多く、この響きによって楽曲に込められた強い意志や想いを、さらにストレートに感じられるようです。

これはナブナが作る楽曲のほとんどに共通しています。

ちなみに楽曲のタイトルはグリム童話の「ラプンツェル」のことで、その物語を基に描かれたようでした。

ボカロのバラードの名曲⑩:心做し

楽曲タイトル:心做し(こころばなし)
ボカロP:蝶々P
ボーカロイド:GUMI

GUMIはMegpoidのキャラクターであり、声優の中島愛の声をもとにしたボーカロイドです。

泣いているような儚い歌声が印象的で、蝶々Pの中でも特に高い人気を誇る曲になります。

ロボットと「君」との切ない物語が描かれており、涙なしでは聴けない1曲です。

ボカロのバラードで人気の「歌ってみた」の歌い手

Photo by fuba_recorder

ボカロの曲は「歌ってみた」動画をニコニコ動画やYouTubeなどに投稿している、歌い手と呼ばれる人たちもカバーしています。

ボカロが歌う曲を今度は特定の誰かがカバーすることによって、さらにその楽曲たちが味わい深くなるようです。

ご紹介した「ボカロのバラードの名曲」の中の楽曲も歌っている、特に人気の歌い手を見てみましょう。

ボカロのバラードで人気の歌い手①:まふまふ

YouTubeのチェンネル登録者数が257万人を超える「まふまふ」は、特に人気がある歌い手の1人です。

動画は『自傷無色』のまふまふバージョンになります。

少年のように透き通った歌声が、歌詞の内容にとてもマッチしているようです。

MIXなどの音源編集の段階で敢えて機械的な部分を交えているようで、ボカロの楽曲を人間が歌うことにより崩れてしまいがちな世界観も、見事にそのまま表現されています。

まふまふちゃんねる - YouTube
まふまふ mafumafu official channel のんびり楽しくやっていきます(´lωl`)

ボカロのバラードで人気の歌い手②:96猫

96猫はYouTubeのチャンネル登録者数90万人で、全動画を合わせると1億回以上を誇ります。

2006年よりニコニコ動画に「歌ってみた」を投稿しはじめ、現在はメジャーデビューも果たし、黯希ナツメの名義でVtuberとしても活動しているようです。

かっこいいロックサウンドが映える女性シンガーで、オリジナリティと表現力溢れる歌唱で『オレンジ』をカバーしています。

【MAIN】96NEKO-CHANNEL - YouTube
🔰96猫(くろねこ)と申します。こちらはメインチャンネルになります 歌中心で動画投稿しております。 youtube配信はサブチャンネルで行っております! 是非、遊びにいらしてくださいませ♪ サブ 📺 96NEKO-SUB-CHANNEL 📺  https://www.youtube.com/c/SUB-96NEK...

ボカロのバラードで人気の歌い手③:Sou

2013年10月よりニコニコ動画で歌い手活動をしており、YouTubeのチャンネル登録者数も100万人を超えています。

動画は『心做し』の歌ってみた動画ですが、こちらの再生回数も2300万以上です。

かすれた泣き声のような歌唱が途中にあり、その部分に魅了された方も非常に多いでしょう。

2015年にはメジャーデビューも果たしており、動画のコメント欄には日本語だけでなく英語の書き込みも多数寄せられ、国内外問わず高く評価されている歌い手です。

Sou - YouTube
Sou Official YouTube Channel

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

今回はボカロのバラードの名曲を、数ある中から10曲厳選しまとめました。

スピーディな楽曲が多いイメージのボカロの曲ですが、感動の泣けるバラードがこのようにたくさんあります。

また、ご紹介したような歌い手たちがカバーすることによって、さらに味わい深くなるようです。

失恋や人間関係などにおける苦しみ、胸いっぱいの愛情などを歌ったボカロのバラード曲を聴いて、心をとことん温めたり洗い流したりしてみましょう!

関連記事

Article Ranking

記事はありません。