【12選】ヘヴィメタルを聴くならここから始めろ!絶対にオススメしたい名曲ご紹介!

「ヘヴィメタル」とはよく聞きますが、それでは一体どういう音楽をヘヴィメタルというのでしょうか?ハードロックとはどう違うのでしょうか?こちらではヘヴィメタルとハードロックの違いをざっくりと解説、さらにヘヴィメタルのオススメ曲12曲をピックアップ!

記事の目次

  1. 1.ヘヴィメタルとはどんな音楽?
  2. 2.ヘヴィメタル音楽はどこから出てきた?
  3. 3.ヘヴィメタルとハードロックの違い
  4. 4.ヘヴィメタル代表バンドは?
  5. 5.ヘヴィメタルで絶対にオススメしたい名曲12選
  6. 6.ヘヴィメタル名曲などまとめ

Through The Fire And Flames / DragonForce

ドラゴンフォース(しばしばドラフォとも呼ばれます)はイギリス出身のヘヴィメタルバンドです。しかし彼らのサウンドはパワーメタルともメロスピともネオクラとも言われています。

ドラゴンフォースのデビューは2003年、アルバム「Valley Of The Damned(ヴァレイ・オブ・ザ・ダムド」でした。2006年にはオズフェストに出演するという快挙、そして同年には「ラウドパーク06」で来日もしています。

この曲は2006年発表の「Inhuman Rampage」に収録されています。メロディラインが美しく、様式美!という感じがしますね。ヘヴィメタルの中にも色々な音楽があるのです。

Hangar 18 / Megadeth

メガデスはメタリカやスレイヤーなどと共にスラッシュメタルBIG4と呼ばれるバンドで、途中解散を経ながらも、再結成を果たし、デビューした1985年から現在まで活躍をしています。

デイヴ・ムステイン(大佐の愛称で親しまれています)が率いるバンドですが、実は彼は元々メタリカに在籍していました。しかし彼の素行の悪さから解雇、メガデス結成に至るというエピソードがあります。

この曲はメガデスの代表曲の1つでもありますが昔の番組で流行っていた「空耳アワー」では「できたかな醤油ラーメン」と聴こえるとして取り上げられていました。どの部分か探してみてくださいね。

Frozen / Within Temptatoin

少し趣向を変えて、女性ヴォーカルものをご紹介しましょう。Within Temptationはオランダ出身、メンバーで紅一点、シャロン・デン・アデルをヴォーカルに据えたゴシックメタルバンドです。近年、このように女性1人をヴォーカルに据えるゴシック系メタルが多くみられるようになりました。サウンドは重厚ながら女性の美しい声で歌われる音楽に虜になる人も多いです。

デビューは1998年ですが本格的に動き始めたのはセカンドアルバムからです。この曲は2007年発表の「The heart of everything」に収録されています。

Disposable Teens / Marilyn Manson

過激な歌詞やPVでお騒がせ、マリリン・マンソンもご紹介しましょう。しばし、反キリスト教主義者とも言われ、歌詞などにもそういった内容が歌われたりすることが多いです。それは彼が幼少時代から厳しい両親のもと、強制的にカトリックの学校に行かせられていたことが原因の一つとも言われています。

この曲は彼の3枚目のアルバム、「Antichrist Superstar」に収録されているものです。このアルバムタイトルからして強烈ですが、マリリン・マンソン自身はこの曲で「自分は本当の神を憎んだことはないが人々が信じている”神”というものが大嫌いだ」と歌っているだけなのです。

Little Drops Of Heaven / Pretty Maids

プリティ・メイズはデンマーク出身のヘヴィメタルバンドで、パワーメタルバンドの草分けとしても有名です。デビューは1983年ですから、キャリアも長く、大御所といってもいいバンドですね。

プリティ・メイズでは「Please don't leave me」が代表曲の一つともいえるのですが、こちらでは敢えて最近の、といっても2010年の発表ですが「PANDEMONIUM」に収録のこの曲をチョイスしました。切ないバラード曲ですがオススメです!

関連記事

Article Ranking