クイーンの「We Will Rock You」の歌詞と日本語の意味とは?和訳をご紹介します!

クイーンを知らない方でも一度は必ず耳にしたことある曲「We Will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」。
ドラマやCM、スポーツの入場テーマなどで数多く使われています。
シンプルながらも力強い楽曲に、誰しも一緒にリズムを刻みたくなるのではないでしょうか。
そんなWe Will Rock Youについて歌詞の和訳を中心に解説します。

記事の目次

  1. 1.クイーンの「We Will Rock You」とは?
  2. 2.We Will Rock Youの歌詞の意味

We Will Rock Youの歌詞の意味

この歌詞について日本語の意味を知りたいという方が多い。そこで歌詞を紹介し、独自に和訳して解説する記事であることを伝える

Photo bySkitterphoto

インパクトのあるリズムと一緒に歌いたくなってしまう「ウィーウィル、ウィーウィル、ロックユー」のフレーズですが、それ以外の歌詞は早口でなかなか分かりにくいかもしれません。
そこでこの記事では「We Will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」の歌詞について解説し、和訳をつけていきたいと思います。
できるだけていねいに単語を拾いながら日本語にします。
和訳の仕方はいろいろあるかと思いますが、あくまで筆者の解釈であることを了承の上、読んでいただければ幸いです。
また英語のままでは読みにくいという方のために、カタカナでだいたいの読み方を付け加えます。

「We Will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」の意味

まず歌詞を和訳する前に、タイトルについて考えてみましょう。
タイトルは「We Will Rock You(ウィ・ウィル・ロック・ユー)」です。
この中で注意するのは「Rock」という単語です。
「岩」という意味の英単語で「rock」がありますが、スペルは同じでも別の単語です。
辞書などでもrock1、rock2などと分けられていると思います。
動詞の「rock」は大きく2つの意味があります。
1つは「ゆるく揺り動かす・なだめる」などで、もう1つは「激しくゆさぶる・動揺させる」などになります。
なかなか正反対の意味ですが、1つめはロッキングチェアなどで使われている「rock」ですね。
ほかにも子守唄で「Rock-A-Bye-Baby」という曲もあります。
これが2つめの意味だと大変なことになります。
しかし、この「We Will Rock You」の「rock」は明らかに2番目の「激しくゆさぶる」方の意味です。
つまり「俺たちがお前たちを揺さぶってやる」という意味です。

1番歌詞

歌詞については引用の要素で引用のurlは空で、引用元をテキストで入力する形にする

また和訳では特別・重要・気になる表現ごとに小見出しをたて、解説する

「boy」は少年?

Photo bysasint

1番前半部分の歌詞です。

Buddy, you're a boy, make a big noise
Playin' in the street, gonna be a big man some day

まずカタカナで読み方を書くとすると次のようになります。
「バディ、ユアボイ、メイカ、ビッ(グ)ノイ(ズ)、
プレインダストゥリー(ト)、ゴナビアビッ(グ)マン、サ(ム)ディ」

できるだけ英語の音に近づけるように省略している音があります。
また( )で囲ってある音は本来は子音だけなので、あまりはっきり読まない方がいいと思います。

「Playin'」は「遊んでいる」?

1番前半の意味は次のようになると解釈します。
「そこのお前、お前はいつか大物になってやると路上でふらふらして、大騒ぎしているガキだ。」
最初の「boy」は2番の「young man」、3番の「old man」と対比して使われている言葉です。
全体で考えるとboyは10代あたりの大きなことは言うけれど、まだ何もしていない「ガキ」のことを指していると考えます。
そう考えると「play」は単に「遊んでいる」という意味ではなく、「何もしないで暮らしている」という意味の方がしっくりくるように思います。
また「play」を「音楽を演奏している」ととらえて、「make a big noise」を「騒音(にしかならない音楽)を鳴らしている」という解釈ができそうに見えます。
しかしこの後の「young man」「old man」の展開を考えると、ちょっと違いそうです。

顔に泥をぬる

1番後半の歌詞は次のようになっています。

You got mud on yo' face, you big disgrace
Kicking your can all over the place,
Singin'

読み方としては次のようになります。
「ユガッ(ト)マドンヨフェイ(ス)、ユビッ(グ)ディスグレイ(ス)
キキンギュアカン、オーロヴァダプレイ(ス)、スィンギン」

この部分の意味としてはこんな感じでしょうか。
「お前は泥だらけの顔になって、そこらじゅうで好き勝手やっている恥さらしだ。」
日本語で書くと「泥だらけの顔」というのは、それだけ努力しているという感じにも読めてしまいますが、
決していい意味ではないでしょう。
また「kick your can」という表現は、子供のあそび「缶けり(kick the can)」から連想された言葉だとは思いますが、文字通り「缶」を蹴っているわけではないと思います。
この部分は「face」「disgrace」「place」と韻を踏んでいる部分です。
最後の「Singin'」は「歌っている」という意味ですが、ここはサビにむかう掛け声のようなものなので深く考えない方がいいように思います。

2番歌詞

歌詞+和訳

「hard man」は頑固もの?

Photo by12019

2番前半の歌詞はこちらです。

Buddy, you're a young man, hard man
Shouting in the street, gonna take on the world some day

まずは読み方をカタカナで書くと次のようになります。
「バディ、ユアヤン(グ)マン、ハー(ド)マン
シャウティン、インダストゥリー(ト)、ゴナテイコンダワール(ド)サ(ム)デイ」

この部分の日本語訳は次のような感じになるかと思います。
「そこのお前、お前は若者で、路上で『いつか世界と渡り合ってやる』と叫んで、もがいているのか。」
ここの「take on the world」は「世界を相手にする」という感じでしょう。
注意すべきは「hard」だと思います。
時々この曲の訳で「気難しい」といった日本語があてられているのですが、しっくりこないように感じます。
それよりも「つらい、厳しい」という意味に近いのではないかと思います。
「いつか世界に」と思いながら路上でもがき苦しんでいる若者を指していると考えます。

自分の旗を振りまわす

フリー写真素材ぱくたそ

2番後半の歌詞は次のようになります。

You got blood on yo face, you big disgrace
Wavin' your banner all over the place

まずはカタカナで書いてみるとこうなります。
「ユガッ(ト)ブラッ(ド)オンヨフェイ(ス)、ユビッ(グ)ディスグレイ(ス)
ウェイビンユアバナ、オーロバダプレイ(ス)」

日本語にしてみると次のような感じでしょうか。
「お前は顔じゅう血まみれで、そこらじゅうで自分の旗を振りまわす恥さらしだ。」
1番では泥まみれだった顔が血まみれになります。
「boy」から「young man」になることで、ケンカなどのハードな状況になっているのでしょう。
「自分の旗を振りまわす」のは何かチームの旗かもしれません。
ただこの部分は、自分自身が「世界に認められるような人間になりたい」と考えて「自分の考え(=自分の旗)」を振りまわし、周囲を傷づけていることを表しているとも考えられます。

関連記事

Article Ranking