音楽用語「ten.」の意味を解説!

「ten.」とは?テヌートと読みますが、どのような音楽用語なのでしょう。クラシック音楽の楽譜には、音符の上か下に「-」で表現されていたり、「ten.」で表現されていたりします。ここでは、音楽用語「ten.」についてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「ten.」の意味とは?

音楽用語「ten.」の意味とは?

Photo byFree-Photos

ten.とは、テヌート(tenuto)の省略形です。
テヌート(tenuto)とは、アーティキュレーションに関する音楽記号のひとつで、音符の長さを十分に保って演奏することを指示します。

同様の意味をもつ音楽記号に、「ソステヌート(sostenuto)」がありますが、ニュアンスが異なります。

テヌートの語源には、「保持する、動かないように手で押さえる」といった意味があり、音符の長さいっぱいに十分に響かせて演奏します。
一方、ソステヌートの語源には、「下から支える」という意味があり、音楽の一部として音楽を支える気持ちで丁寧に演奏します。

以下の記事も参考にしてみてください。

音楽用語「テヌート(tenuto)」の意味と弾き方について解説! | FLIPPER'S
楽譜でテヌート(tenuto)の記号(「-」や「ten.」)を見たことはありますか?ここでは、音楽用語「テヌート(tenuto)」についてご紹介します。また、「ソステヌート(sostenuto)」と「リテヌート(ritenuto)」との違いもご紹介します。

関連記事

Article Ranking