音楽記号「poco(ポコ)」の意味を解説!

「poco a poco cresc.(ポコ・ア・ポコ・クレッシェンド)」、「poco rit.(ポコ・リタルダンド)」など、「poco(ポコ)」はクラシック音楽ではよく出てくる音楽記号ですね。
ここでは、音楽記号「poco(ポコ)」の意味をご紹介します。

音楽記号「poco(ポコ)」の意味とは?

Photo byPDPics

poco(ポコ)とは、クラシック音楽で使われる音楽記号のひとつです。
イタリア語で「少し」「ほとんど~しない」という意味です。
少し控えめに演奏するイメージです。

以下のように、他の音楽記号とあわせて使われます。

poco rit.(ポコ・リタルダンド)
 「少ししか遅くしないで」の意味です。

poco rall.(ポコ・ラレンタンド)
 「少ししか遅くしないで」の意味です。

poco stretto(ポコ・ストレット)
 「少し緊迫した感じで」の意味です。

poco cresc.(ポコ・クレッシェンド)
 「少ししか強くしないで」の意味です。

poco dim.(ポコ・ディミヌエンド)
 「少ししか弱くしないで」の意味です。


ちなみに、よく聞かれる「poco a poco(ポコ・ア・ポコ)」は「少しずつ」を意味します。

poco a poco cresc.(ポコ・ア・ポコ・クレッシェンド)
 「少しずつ強くする」の意味です。

poco a poco dim.(ポコ・ア・ポコ・ディミヌエンド)
 「少しずつ弱くする」の意味です。
 

のイメージ
音楽記号「cresc.(クレッシェンド)」の意味を解説!
cresc.(クレッシェンド)、重要な音楽記号のひとつですね。これがあることで、音楽に流れが出てきます。ここでは、音楽記号「cresc.(クレッシェンド)」とその対となる「decresc.(デクレッシェンド)」についてご紹介します。

関連記事

Article Ranking