音楽用語「meno(メノ)」の意味を解説!

音楽用語「meno(メノ)」、クラシック音楽をされている方なら、よくお目にかかる用語ですね。「meno mosso(メノ・モッソ)」のように他の音楽用語の接頭語として使われることが多いです。例を挙げながら「meno(メノ)」の意味をご紹介します。

音楽用語「meno(メノ)」の意味とは?

Photo byqimono

meno(メノ)とは、クラシック音楽で使われる音楽用語のひとつです。
イタリア語で、「より少なく」を意味します。

以下のように、他の音楽記号とあわせて使われます。menoがつくと、反対の意味になります。

meno mosso(メノ・モッソ)
 mossoは「速く」という意味ですが、menoがつくことで「今までより遅く」の意味になります。

meno piano(メノ・ピアノ)
 pianoは「弱く、やさしく」という意味ですが、menoがつくことで「今までより強く」の意味になります。


また、menoの反対語は、「piu(ピウ)」で、「もっと、さらに」を意味します。

piu mosso(ピウ・モッソ)
 「今までよりさらに速く」の意味です。

piu piano(ピウ・ピアノ)
 「今までよりさらに弱く」の意味です。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking