【東京事変】『キラーチューン』に込められた意味を知ると面白い!歌詞から独自に徹底考察!

椎名林檎を中心に結成され、日本のロックシーンに数々の伝説を残したバンド東京事変。彼らの人気曲の一つ『キラーチューン』は明るい曲調と意味深な歌詞が魅力です。『キラーチューン』の歌詞に込められた意味とは何か?独自の解釈で徹底的に考察します!

記事の目次

  1. 1.数多の伝説を生み出し続ける大人気バンド「東京事変」
  2. 2.数々の東京事変ヒット曲の一つ『キラーチューン』
  3. 3.『キラーチューン』歌詞から意味を独自に徹底考察
  4. 4.東京事変『キラーチューン』歌詞考察まとめ

数多の伝説を生み出し続ける大人気バンド「東京事変」

Photo by chinnian

東京事変は2003年、椎名林檎を中心に結成されたバンドです。
すでにソロアーティストとして確固たる地位と人気を獲得していた椎名林檎がバンドを作るとあって、大きな注目を集めました。
実はその頃椎名林檎は音楽活動へのモチベーションが低下しており、一説によると引退すら考えるほどだったそうです。
その中で「他のメンバーのために曲を書くなら今の自分にもできるのじゃないか」と考えたのがバンド結成のきっかけだそうです。
そんな崖っぷちのところから生まれたバンドだったのですね。

大きな話題と注目を集めた東京事変は2004年9月、シングル「群青日和」でデビューしました。オリコンシングルチャートで2位を記録する大ヒットとなります。
続く11月には1stアルバム『教育』をリリース。こちらもオリコン2位の大ヒットでした。
2005年1月から始まった初のツアーは満員御礼の大盛況。東京事変はまさに日本のロックシーンに起こった「事件」だったのです。

数々の東京事変ヒット曲の一つ『キラーチューン』

『キラーチューン』は2007年8月22日にリリースされた5枚目のシングルで、3rdアルバム『娯楽』に収録されています。
東京事変はリリースしたシングルのすべてがオリコンシングルチャートTOP10に入るという人気バンドでした。
『キラーチューン』もオリコンチャート最高位5位を記録したヒット曲です。

初期の東京事変では作詞・作曲のほとんどを椎名林檎が手がけていました。
しかし、3rdアルバム『娯楽』では作曲を全て別のメンバーに任せ、椎名林檎は作詞とボーカルに専念しています。
それだけ他のメンバーの音楽的才能を信頼していたのでしょう。
東京事変はともすれば椎名林檎とバックバンドというイメージになりがちだったバンドです。
しかし周りのメンバーにもスポットが当たり、個々のメンバーの音楽が認知されることでバンドの音楽がさらに奥深くなった重要なアルバムなのです。

『キラーチューン』は椎名林檎が作詞し、キーボードの伊澤一葉が作曲を担当しています。
ジャズコードを用いてスウィングするアレンジが特徴で、全体的に明るく楽しい曲調となっています。

『キラーチューン』歌詞から意味を独自に徹底考察

「心の豊かさ」について描く歌詞

Photo byMabelAmber

「贅沢は味方」もっと欲しがります負けたって
勝ったってこの感度は揺るがないの
貧しさこそが敵

贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね
だって麗しいのはザラにないの
洗脳(わな)にご注意

「贅沢は味方」という歌い出しからある種の豊かさについて歌っていることがうかがえます。
太平洋戦争中の標語に「贅沢は敵」「欲しがりません勝つまでは」というものがあります。
冒頭の歌詞はこの標語をもじって逆の意味にしたものでしょう。
現在の日本は戦時中の物がない時代ではありません。物理的には非常に満たされています。
しかし、「贅沢するにはきっと財布だけじゃ足りないね」という歌詞は金銭的、物理的に満たされているだけでは不十分という意味だと思います。
そう、精神的な心の豊かさというのが重要なのです。
色々なモノに溢れた時代で、テレビでもネットでもとにかく見ている人に何かを買わせるよう広告が洪水のように流れています。
しかしそれは「洗脳」なのです。
この1番の歌詞ではモノやお金もいいけれど心の豊かさがなければ意味がない、と歌っているのです。

ご覧、ほらねわざと逢えたんだ
季節を使い捨て生きていこう
夜も秋も盗めないよ
貴方は私の一生もの

一番のサビの部分です。
ここでは最初に歌われていた「心の豊かさ」の象徴として恋人への思いが描かれています。
重要なのは心の豊かさであり、それを満たしてくれるのは愛する人への想いであるということでしょう。

日本には四季があり、春夏秋冬それぞれの違いを愛でて風情を楽しむという文化があります。
しかし、最愛の恋人がいてくれればいつの季節でも関係なく幸せなのだ、ということだと思います。
「季節を使い捨て生きていこう」「夜も秋も盗めないよ 貴方は私の一生もの」という部分はそういったことを歌っているのでしょう。

夜や秋というのは別れや寂しさの比喩として使われることの多い言葉です。
明るい昼に対する夜、暑く楽しい夏に対する秋、という感じです。
そんな夜や秋でも私の貴方への想いは変わることはないという強い意志を感じます。
「貴方は私の一生もの」フレーズはサビだけでなく、「キラーチューン」という曲の中でも非常に印象深いものになっています。

時間を超えて貴方への想いは永遠なのだということ。
そして、モノやお金ではなく心の豊かさなんだという序盤の歌詞が「一生もの」という言葉に着地するのがとてもウィットに富んでいると思います。
作詞家としての椎名林檎のセンスを感じます。

豊かさから来る余裕

関連記事

Article Ranking