【11選】back numberファンが贈る、聴けば絶対にハマる名曲ランキング11選!

新曲を出せばいつもランキング上位で人気の高いback number。
彼らの楽曲と言えば何とも切ないラブソング。
優しい声と美しいメロディーが胸をきゅっと締め付けます。
今回はそんな胸に響くback numberの名曲たちをランキング形式でご紹介します。

記事の目次

  1. 1.恋愛ソングの代名詞とも言える人気バンドback number
  2. 2.back numberファンが贈る、聴けば絶対にハマる名曲ランキング11
  3. 3.まとめ

恋愛ソングの代名詞とも言える人気バンドback number

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

メンバー構成・結成までの生い立ち

back numberは清水 依与吏さん(ボーカル&ギター)、栗原 寿さん(ドラム)、小島 和也さん(ベース&コーラス)からなるスリーピースバンドです。


群馬県で、清水さんを中心に2004年に結成されました。
活動を始めてからメンバーの入れ替わりがありつつも、2007年に現メンバー体制となり2011年にメジャーデビューし、数々の名曲を世に送り出しているビックバンドとなりました。

バンド名は清水さんが付き合っていた女性をバンドマンに奪われたことから「彼女に振られた自分はback number(型遅れ)だから」という意味でつけられたそうです。


back numberは、ユニバーサルミュージックというレコード会社に所属し音楽活動をしています。レーベルはユニバーサルシグマです。

たくさんの評価を得ている彼らの楽曲といえば有名なのがラブソング。

中でも失恋や切ない恋愛ソングが多く、センチメンタル系ロックバンド、失恋ソングの帝王と称される程です。
詩的でありながらストレートな言葉でつづられた歌詞は共感しやすく胸に突き刺さります。

また、各曲のストーリー性が非常に高いので、まるでドラマのような場面が頭に浮かんでくるかのようだと話題です。
美しいメロディーとボーカルの清水さんの優しい声が切なさに拍車をかけ涙腺を刺激します。

back numberの輝かしい活動歴

back numberはデビュー前から大変活躍していたようです。

2007年11月にFM群馬主催の『ROCKERS2007』で準ベストロッカーズを受賞し、100組以上いるバンドの中から選出されました。
そして、同年11月には初めてのワンマンライブ『ひとりでできるもん’07』を開催し、大好評となりました。
初めてのワンマンにも関わらず会場は満員御礼の大成功をおさめ、彼らの一つの伝説となっています。

翌2008年6月には、大型の野外フェス『湘南音祭』に出演。
湘南音祭オープニングアクト・オーディション』で500組の応募の中から出場権を獲得しての出演でした。
オーディションを勝ち抜き出演するということで、昔から非常に高い音楽センス・スキルがあったことが伺えます。


2009年にミニアルバム『逃した魚』のリリースとともに、インディーズデビューしました。
アルバムの裏には「あなたが逃した魚はこんなに大きくなりました」、歌詞カードの裏には「すべての物語とその終わりに感謝します」と記されていて、今までお付き合いした彼女たちに向けられているのではと言われています。

恋愛ソングといえばと言われるだけあって、彼らの音楽性には恋愛がとても影響しているように感じられますね。

シングル『はなびら』のリリースとともにメジャーデビュー後は、テレビや映画の主題歌として楽曲を提供するなど活躍し様々な賞を受賞しました。
2012年にはCDショップ大賞を受賞。2013年、2015年にも同賞を受賞しています。
2011年には第26回日本ゴールドディスク大賞にてBEST 5 NEW ARTISTに選出。
2016年には第58回日本レコード大賞にてアルバム『シャンデリア』が優秀アルバム賞を受賞。
同年に『クリスマスソング』が第87回ドラマアカデミー賞を受賞しています。

これだけの賞を受賞し、多くの名曲を作っても、まだまだ伝説は終わらない
back number。
今押さえておくべき名バンドと言っても過言では無いでしょう。

次は、聴けばハマること間違いなし!back numberのおすすめの名曲たちを有名なものからマイナーなものまでランキング形式でご紹介します。

back numberファンが贈る、聴けば絶対にハマる名曲ランキング11

back number名曲ランキング11位 春を歌にして

春を音にしたような声で もう一度僕を 僕の名前を
呼ばれたら何も言えないから
せめて泣かないようにしよう

連れていくよ
君の想い出と
この春を歌にして

2009年2月にリリースされたミニアルバム『逃した魚』に収録。

失恋した経験を忘れようとする訳ではなく、大事にしつつも区切りをつけていく。
応援ソングともとれる本曲は失恋した方におすすめです。
作詞したボーカルの清水さんが、付き合っていた女性と別れた時にどんな曲を聴いても心に染みなかったことから1年以上かけて作った曲だそう。

切なく力強いイントロが印象的です。

 

back number名曲ランキング10位 はなびら

抱きしめても
春ははなびらのように
僕の腕をすり抜けて
それでも忘れたくなくて
何度も何度も
巻き戻して
君ともう一回出会って
もう一回恋したいんだって
今度はもう離さないよ
離さない

2011年4月にリリースされた1stシングルです。

ただただ別れた相手を思う失恋ソング。
メロディーも歌詞も全てが切ないです。
思いっきり切ない気持ちに浸りたいときにおすすめ。

優しい印象の序盤からサビに向かって徐々に情熱的になっていく盛り上がりが涙腺を刺激します。

 

back number名曲ランキング9位 花束

僕は何回だって何十回だって
君と抱き合って手を繋いでキスをして
思い出す度にニヤけてしまうような想い出を君と作るのさ
そりゃケンカもするだろうけど
それなら何回だって何十回だって
謝るし感謝の言葉もきっと忘れないから
ごめんごめんありがとうごめんくらいの
バランスになる危険性は少し高めだけど
許してよ

2011年6月にリリースされた2ndシングルです。

恋人と一緒に過ごす男性の気持ちを正直に歌ったラブソング。
リアルな歌詞にあらゆる男性が共感するのでは。
男性と女性が話している様子が目に浮かびます。

聴き心地の良いメロディーでずっと聴いてしまう楽曲です。
結婚式にもおすすめ。

 

back number名曲ランキング8位 思い出せなくなるその日まで

たとえばあなといた日々を
記憶のすべてを消し去る事ができたとして
もうそれは私ではないと思う
幸せひとつを
分け合っていたのだから

私の半分はあなたで
そしてあなたの半分は
私でできていたのね
それならこんなに痛いのも
涙が出るのも
仕方がない事だね

2011月10月にリリースされた3rdシングルです。

何らかの理由で失った恋人を今でも愛しく思う。
最高に切ないラブソングです。
優しい歌声に美しくも壮大なメロディーが胸に突き刺さります。

Ms.OOJAにカバーされ女性にも人気が高い楽曲です。

関連記事