音楽用語「sostenuto(ソステヌート)」の意味を解説!

音楽用語、sostenuto(ソステヌート)の意味について解説します。文中にて、イタリア語の語源についても触れています。実はかの有名なベートーヴェンの『月光』など、誰もが知る名クラシックにも使用されていたことをご存知でしたか?

記事の目次

  1. 1.音楽用語「sostenuto(ソステヌート)」の意味とは?

音楽用語「sostenuto(ソステヌート)」の意味とは?

Photo by uiui.wisp

sostenuto(ソステヌート)とはイタリア語で、音を保ち、抑え気味の速度で演奏することを指す音楽用語です。

語源はsostenereで、「支える、耐える、維持する」などの意味があります。

sostenuto(ソステヌート)が使用される音楽例としては、ベートーヴェンの『ピアノ・ソナタ14番「月光」1楽章』などがあります。おごそかな雰囲気の曲調のクラシックを演奏する際に、使用されることが多いのです。

のイメージ
ベートーベンの「月光」を解説!難易度・おすすめCD・世界観を紹介!
『月光』はベートーベンの曲の中でも有名な曲ですし、クラシックに馴染みがない、という方にもメロディーは馴染みがあるものかと思います。こちらではベートーベンの『月光』を深く解説。曲の背景やタイトルの由来、難易度をまとめている他、おすすめのCDもご紹介しています。

関連記事

Article Ranking