音楽用語「ドゥルルーズ(douloureuse)」の意味を解説!

ドゥルルーズ(douloureuse)とは?フランス語ですね。イタリア語でいえば、「dolente(ドレンテ)」や「doloroso(ドロローソ)」に該当します。ここでは、音楽用語「ドゥルルーズ(douloureuse)」についてご紹介します。

音楽用語「ドゥルルーズ(douloureuse)」の意味とは?

Photo byStockSnap

ドゥルルーズ(douloureuse)とは、クラシック音楽で使われる発想記号のひとつです。
フランス語で、「苦しそうに、痛ましく、悲しげに」を意味します。

ちなみに、イタリア語では、以下が同様の意味の音楽用語に該当します。

  • ドレンテ(dolente)
  • ドロローソ(doloroso)
これらは、悲しみとその根底にある痛みを表しています。

まずは、悲しみが肉体的苦痛によるものなのか、精神的苦痛によるものなのか、どの程度のものなのかをよく理解することが大切です。その上で、その悲しみのイメージに合う響きを模索してみてください。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking