音楽用語「riten.」の意味を解説!

riten.とは?ショパンの「華麗なる大円舞曲」など、ピアノの楽譜でもよく使われていますね。どのような意味の音楽用語なのでしょう。ここでは、音楽用語「riten.」についてご紹介します。合わせて「rit.」との違いについてもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.音楽用語「riten.」の意味とは?
  2. 2.「riten.」と「rit.」の意味の違いはある?

音楽用語「riten.」の意味とは?

Photo byHeungSoon

riten.とは、ritenuto(リテヌート)の省略形です。

ritenuto(リテヌート)とは、クラシック音楽で使われる速度記号のひとつで、「すぐに速度を弱めて」という意味です。

ちなみに、ritenutoを分解すると以下のようになります。

  • ri=「後ろに」を意味するラテン語
  • tenuto=「保持する、動かないように手で押さえる」
このことから、ritenuto(リテヌート)は「後ろに保つ」という意味になります。転じて、「慎重な、抑制された」という意味としても使われます。

後ろに押さえつけられ、少し速度を落とさざるをえないイメージです。

「riten.」と「rit.」の意味の違いはある?

Photo byPexels

riten.(リテヌート)とrit.(リタルダンド)は、全くの別ものです。

riten.(リテヌート)の指示があれば、そこからすぐに速度を落とします。

一方、rit.(リタルダンド)の指示があれば、すぐに速度を落とすのではなく、徐々に速度を落としていきます

のイメージ
音楽用語の「rit.」の意味とは?音楽記号の意味をご紹介!
音楽用語の「rit.」とは?「rit.」は聞いたことがなくても、正式名称なら、ご存知の方も多いかもしれません。クラシック音楽の楽譜にはよく出てきますよね。ここでは、音楽用語の「rit.」について、正式名称とその意味をご紹介します。

関連記事

Article Ranking