【宇多田ヒカル】11選!ファンが厳選する宇多田ヒカルのおすすめ曲ランキング11決定版!

常に日本の音楽界のトップランキングに君臨する歌姫、宇多田ヒカル。彼女のヒット曲は多数ありますが、どの曲が一体おすすめなのでしょうか?こちらでは宇多田ヒカルのファンが厳選するおすすめ曲を11曲、ランキング形式にしてご紹介!あなたの好きな曲はありますか?

記事の目次

  1. 1.圧倒的歌姫と称される宇多田ヒカル
  2. 2.宇多田ヒカルの私生活は?恋愛、結婚や離婚
  3. 3.宇多田ヒカルの活動休止から復活まで
  4. 4.【11選】宇多田ヒカルファンが厳選する絶対に聞くべきおすすめランキング11
  5. 5.宇多田ヒカル人気曲ランキングまとめ

宇多田ヒカルおすすめ曲ランキング7位:『花束を君に』

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
真実にはならないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

「花束を君に」は、2016年4月に配信された曲で、NHK朝の連続テレビ小説の「とと姉ちゃん」の主題歌となりました。そしてこの曲によって彼女はまたアーティスト活動に復帰することになります。

久しぶりの楽曲でも、彼女の歌声は変わらず、そして優しい歌詞が紡がれていきます。この曲は彼女の母親を想って書いたそうですが、聴いていると泣けてくる、とファンからも人気の高い名曲です。

全体的に「別れ」を思わせるような歌詞でいて、それでも「君」への感謝の気持ちが強く歌われた歌。「君」が彼女の母とするならば、こんなに親孝行な素敵な歌はありませんね。

宇多田ヒカルおすすめ曲ランキング6位:『光』

どんな時だって
ずっと二人で
どんな時だって
側にいるから
君という光が私を見つける
真夜中に

「光」は2002年3月20日に発売された曲で、宇多田ヒカルの3枚目のアルバム、「DEEP RIVER」に収録されています。人気ゲーム「キングダムハーツ」の主題歌にもなりました。

誰かの目線から見た宇多田ヒカル、を撮ったようなPVの作りや、歌詞の感じから、彼女自身の結婚を示唆しているのでは、とも言われている曲です。実際、この年に彼女と、このPVを撮影した紀里谷和明とは結婚しています。

ずっと暗闇を歩いてきた自分、そして結婚や家庭を持つ、などという世間では普通の人生を、自分は歩めないのではないか、と「運命忘れて」生きてきたところに「君という光が」自分を見つけてくれた、という曲で、なんとも幸せな、素敵な曲ですよね。そして実際、紀里谷さんは彼女にとって人生の光だったのでしょう。
名曲ですね。

宇多田ヒカルおすすめ曲ランキング5位:『Flavor of Life』

ありがとう、と君に言われると
なんだかせつない
さようならの後も解けぬ魔法
淡くほろ苦い
The flavor of life

「Flavor of life」は宇多田ヒカルの5枚目のアルバム、「HEART STATION」に収録されており、2007年2月28日にリリースされたシングルです。そしてTBS系ドラマの「花より男子2(リターンズ)」の挿入歌にもなり、話題になりました。彼女が原作ファンだった、ことから書き下ろししたそうです。

彼女は同年に離婚しており、なんとなく全体的にですがその離婚のことを歌っているような、そんな感じがします。しかし決してその結婚生活をマイナスなものとは受け止めてはいず、人生の糧である、とするようなところに、彼女の強さが感じ取れますね。こちらも名曲です。

 

宇多田ヒカルおすすめ曲ランキング4位:『初恋』

うるさいほどに高鳴る胸が
勝手に走り出す足が今
確かに頬を伝う涙が
私に知らせる これが初恋と

「初恋」は宇多田ヒカルの7枚目のアルバム、「初恋」に収録されており、2018年5月30日にリリースされました。ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」のイメージソングとして起用されました。

宇多田はこの曲はドラマの原作を読み、イメージを掴んで書き下ろしたそうです。初恋の切なさ、そして甘酸っぱさ、高まる期待、そういったものが全てこの歌詞に詰め込まれています。

2018年、彼女は35歳になっています。そんな彼女が歌う「初恋」は多くのファンの心をつかみました。また、彼女の初期のヒット曲、first loveと比べてみるのもおすすめです。

宇多田ヒカルおすすめ曲ランキング3位:『Traveling』

仕事にも精が出る
金曜の午後
タクシーもすぐつかまる (飛び乗る)
目指すは君

「Traveling」は宇多田ヒカルの3枚目のアルバム、「DEEP RIVER」に収録、2001年11月28日にリリースされ、PVが解禁されると同時にとても話題を集めた曲でした。

金曜の午後、恋人に早く会いたくて仕方ない、たまらない、という気持ちをストレートに表現した歌詞がかわいらしく、また、特にカラフルでポップなPVが注目を集めた曲でしたね。

そしてファンの間でも根強い人気のある曲でもあります。

関連記事

Article Ranking