【12選】乃木坂46のヒット曲・名曲の決定版!絶対に聞くべき12曲まとめ

乃木坂46のヒット曲・名曲を12曲ご紹介します。有名なシングル曲から、カップリングの隠れた名曲まで幅広くピックアップ。恋愛曲から応援ソング、泣けるバラード曲までいろいろな歌があります。PVと一緒に楽しめば、いつの間にか乃木坂46ファンになっているはずです。

国民的アイドルとして大人気の乃木坂46

真夏の全国ツアー2017 FINAL! IN TOKYO DOME(完全生産限定盤){盤豪華盤}(3DVD)

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon

乃木坂46は、2011年に秋元康プロデューサーの元、生まれた女性人気アイドルグループです。

AKB48の公式ライバルグループとして誕生した乃木坂46。

皆さんのイメージはいかがでしょうか?

AKB48と比較すると、大人しそうなイメージ、のんびり屋な雰囲気など、様々感想が出てきそうですが、今回はそんな乃木坂46でおすすめの人気曲、隠れた名曲をご紹介します。

乃木坂46といえば、ピアノの音色が印象的な泣けるバラード曲も多いのですが、夏歌などはアップテンポな曲もあります。

まんべんなくご紹介していくので、ぜひお気に入りの一曲を見つけてみてくださいね!

 

ファンが厳選!絶対に聞くべき乃木坂46のおすすめ12曲まとめ

ここでは乃木坂46の人気曲から隠れた名曲まで一気に公開していきます!

泣ける名曲、元気が出てくるような神曲などバラエティー豊かな楽曲がそろっているのが乃木坂46の特徴。

センターによっても、曲のテイストが変わったりするのでそのあたりにも注目してチェックしてみてください!

ぐるぐるカーテン

ぐるぐるカーテンは、乃木坂46の記念すべきデビューシングルです。

2012年2月21日付のオリコンデイリーCDシングルランキングで推定売上約8万5000枚を記録。

デビュー後すぐに、デイリー2位を獲得したことからも、エリートアイドルグループの一歩を踏み出したと言えます。

この歌のセンターは生駒里奈。
初期センターとして、乃木坂46を引っ張ってきた彼女の初々しい時代がPVからも垣間見えます。

AKB48と比較し「私立の女子高っぽい」などと評され、清楚でおとなしいイメージのついた乃木坂46。
それは、この歌のイメージによるところからも来ているのでしょう。

歌詞の中では、男子禁制の世界(女子高)で、恋愛のことなどガールズトークを楽しむ女子たちの日常が描かれています。

「コンセプトがないことがコンセプト」とされていた乃木坂46ですが、おのずとコンセプトができあがっているように感じますね。
 

カーテンの中
太陽と
彼女と私
ぐるぐる巻かれた
プライバシー
内緒話するの

カーテンを“女子高”というベールに包まれた存在に例えているのが、アイドル曲を多数手がけた作詞家、秋元康独自のセンスといえるでしょう。

この歌の歌詞×ふんわりとゆれるロングスカート丈のワンピース×乃木坂46のおっとりとしたキャラクターによって、乃木坂46は動き出した。

そんな意味で、乃木坂46の歌を楽しむうえで欠かせない“神曲”といえるのではないでしょうか。

無口なライオン

無口なライオンは、乃木坂46の9枚目のシングル「夏のFree&Easy」のカップリング曲として収録されたユニット曲です。

ユニットのメンバーは、生駒里奈・井上小百合・斉藤優里・桜井玲香・西野七瀬・星野みなみ・堀未央奈・若月佑美。

選抜の常連メンバーでかためられており、PVの重要人物は西野七瀬と若月佑美。

「無口なライオン」=PV内の転校していく生徒(西野七瀬)を表しており、明るい性格の女の子(若月佑美)やクラスメイトとの別れが描かれています。

このようにPVも泣ける内容に仕上がっていますが、歌詞を見ながらこの歌を聴くと泣けること間違いなしです。

もしも君が小鳥なら
自由に飛べるけれど
誰も君を恐れないし
道を譲らないだろう

歌詞全体を見ていただければわかるのですが、人を威嚇して怖がらせてしまうライオンに対し「君は君のままでいいんだ」と肯定している歌詞に仕上がっています。

自由に飛べる身軽な存在である小鳥(若月佑美のこと?)、無口なライオン(西野七瀬)。みんな違ってみんないい、ということでしょうか。

実際の西野七瀬も、大人しいキャラのようなので、この曲は彼女にぴったりの曲といえますね。

切ないけど、心がじんわりと温かくなる歌を求めているのであれば、ぜひ聴いてみてください。

でこぴん

でこぴんは、乃木坂46の5枚目のシングル「君の名は希望」に収録されているカップリング曲です。

ユニット曲となっており、白石麻衣・高山一実・橋本奈々未・深川麻衣・松村沙友理が選抜されています。

グループのお姉さんメンバーがそろったこの歌のPVは、衣装も可愛らしく、見ているだけで楽しくなる神曲であること間違いなしです。

歌詞の内容は、友達同士の集まりで、好きな男性に罰ゲームとしてデコピンをされる女性の気持ちを歌った歌です。
 

でこぴんの大きな音ほど
本当は痛くはなかった
あの人が手加減して
私たちは共犯者
それは愛

恋人とまではいかなくとも、二人はいい感じなのかな……?と思えるような歌詞ですね。

友達以上恋人未満の楽しい関係を、周りの友達たちには内緒にしているのかもしれません。

曲調も可愛らしくオシャレな感じなので、恋愛ソングが好きな女性にも、ぜひ聴いていただきたい一曲です。

世界で一番孤独なLover

世界で一番孤独なLoverは、乃木坂466枚目のシングル曲「ガールズルール」のカップリング曲です。

センターは「ガールズルール」で初のセンターを務めた白石麻衣。

センター白石麻衣の脇を固める1列目のメンバーは、松村沙友理と橋本奈々未。

クールなミディアムバラードで、お姉さんグループのメンバーが前列を飾るにふさわしい一曲といえるでしょう。

どんなに抱きしめられてもキスはできない
これ以上あなたを思い出したくない
甘い記憶はプツンと切ってしまおう
世界で一番孤独なLover

この歌は、付き合っていた彼氏に振られた彼女が、彼氏の優しさが辛く、気持ちを振り切ろうとする歌です。

歌詞にあるように、別れた後も彼女を抱きしめようとする彼氏。

彼氏に対しての未練がある彼女は、とても辛かったに違いありません。

大人になれば、一度はこんな恋愛をすることも珍しくはないはず。

そんな複雑なこの愛の歌は、乃木坂46のかっこいい系の曲の中でもトップクラスに神曲といえるでしょう。

元カレ・元カノに対する報われない思いを抱いている方はぜひ聴いてみてください。

関連記事