【欅坂46】大ヒットデビュー曲となった『サイレントマジョリティー』が高評価な訳を徹底考察!

欅坂46のデビューシングルとして有名なサイレントマジョリティーは社会現象になりました。そんなサイレントマジョリティーですが、歌詞には深い意味が込められています。そんなサイレントマジョリティーの歌詞について徹底考察したいと思います。

記事の目次

  1. 1.国民的大人気アイドルとなった欅坂46
  2. 2.デビュー曲ながら華々しい大ヒットを飾った『サイレントマジョリティー』
  3. 3.『サイレントマジョリティー』が各方面から高評価を受ける理由を徹底考察!
  4. 4.まとめ

国民的大人気アイドルとなった欅坂46

国民的大人気アイドルとなった欅坂46。

欅坂46は坂道シリーズ第2弾として乃木坂46の関連グループとして、2015年に活動を始めました。

そこから乃木坂46の後を追うように人気が増える一方で、デビューシングルの「サイレントマジョリティー」では、センターが14歳ということもあり、

そこから人気が増える一方で、各メンバーの個性もあるということで、活動の幅も広がりましたね。

センターをつとめた平手友梨奈さんは圧倒的な表現力で、映画「響」の主演をつとめたり、渡邉理佐さんはスタイルの良さを生かしてノンノモデルをつとめたり、長濱ねるさんは持ち前の頭脳でクイズ番組常連として活躍していたりと多種多様なジャンルにて活躍しています。

そんな個性たっぷりで日本のトップアイドルグループの一つといっても過言ではない欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」について本記事にて徹底考察していきたいと思います。

アイドル
フリー写真素材ぱくたそ

デビュー曲ながら華々しい大ヒットを飾った『サイレントマジョリティー』

欅坂46の代表曲といえば、デビュー曲の「サイレントマジョリティー」ではないでしょうか。

「サイレントマジョリティー」は、アルバム「真っ白なものは汚したくなる」にも収録されています。

欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」についてもう少し詳しくみていきましょう。

ヘッドホン
Photo bywhoalice-moore

欅坂46「サイレントマジョリティー」のMVのインパクトが凄い!

欅坂46の「サイレントマジョリティー」のMVはこちらになります。

まだ見たことがない方は一度見てみてください。

デビュー曲の「サイレントマジョリティー」ですが、MVの撮影場所として使われているところが東京都内になります。

MVのイントロで小林由依が自転車をこいでいますが、こちらの場所は港区のお台場近くになります。

また、サビに踊っている場所は渋谷ヒカリエ周辺の工場になります。

現在は再開発が進み、違う状態になっておりますが、聖地巡礼をする際に意外にアクセスが良くて行きやすい場所というのもありがたいですね!

最後のうねうねの坂でメンバーが横並びになっているシーンは渋谷駅近くにある坂になります。

筆者はこちらの場所を知らなかったのですが、たまたま休日に渋谷駅を降りてみたら見つけてしまってテンションが上がってしまいましたね!

また、なんといっても欅坂46のダンスのキレが凄いですよね。

センターはなんといっても14歳の平手友梨奈さん、メンバー内で最年少ということで、多大なプレッシャーがあったと思いますが、そのプレッシャーを跳ね返すような覇気が感じられ、視聴者のこちら側まで勇気を与えてくれるような魅力があります。

こんなインパクトが強いアイドルグループがあるのかというくらいのMVの仕上がり具合ですが、YouTubeでの再生回数は1.4億回再生(2020年2月現在)と社会現象になるほどです。

だいたい国民が1.5回再生しているほどなので、欅坂46の圧倒的な人気ぶりがあらわれていますね。

歌詞もかっこいい!「サイレントマジョリティー」の曲名に込められた意味とは

曲名にある「サイレントマジョリティー」について、どのような意味なのか調べてみました。

サイレントマジョリティとは「物言わぬ多数」の意味であり、積極的に発言はしないが多数である者をす。
本当は少数人間が多数名乗りたくて使う場合もある。

とのことです。

ようするに、自分の意見は発言しなければ、多数派として認識されてしまうということですね。

同じような意味を歌詞からも考察として解釈できますので、後ほど歌詞からも読み取っていきたいと思います。

「サイレントマジョリティー」の歌詞に込められた意味とは

関連記事

Article Ranking