【スピッツ】ドラマーの﨑山龍男の実力に圧倒される…!﨑山のプロフィールや経歴を詳細にご紹介!

ドラムの崎山龍男だけでなく、グループであるスピッツについて紹介してから、今回の崎山龍男のドラム演奏について書きました。最後に、また、スピッツについてまとめてあります。

記事の目次

  1. 1.大人気ロックバンド、スピッツのメンバーは天才揃い
  2. 2.﨑山龍男のプロフィールご紹介
  3. 3.﨑山龍男の魅力について
  4. 4.まとめ

  スピッツは、草野マサムネ(ヴォーカル&ギター)、三輪テツヤ(ギター)、田村明浩(ベース)、崎山龍男(ドラム)の4名で活動しています。

  スピッツというロックバンドは、ヴォーカルの草野マサムネとベースの田村浩との出会いから始まりました。1986年、東京造芸大学で出会った2人は、ドラムにサークル部員を誘い、「チーダーズ」というパンクバンドで活動を始めました。その後、ギターメンバーを仲間に入れて、4人で活動を始めました。その名も「ザ・スピッツ」。ところが、このバンドはのちに活動休止となり、自然消滅してしまいました。しかし、仲が良かった草野マサムネと田村は、幼馴染の三輪テツヤを誘い、三輪テツヤ繋がりで崎山龍男を仲間に入れました。こうして、「スピッツ」が結成されました。

出典: http://www.generasia.com/w/images/thumb/d/dc/Mahou_no_Kotoba_Promo.jpg/754px-Mahou_no_Kotoba_Promo.jpg

スピッツの良さは、あの天才的なメロディー

 皆さまは、初めての曲を聴くとき、まず、どこに注目しますか?メロディーではないでしょうか。まず初めに流れてくる音楽に興味がわいたら、自然と歌詞も知りたくなるはずです。多少歌詞が難しくて理解できないとしても、メロディーが良ければ、いつの間にか口ずさんでいることでしょう。

 現に、スピッツのメロディーは若者から年配の方まで愛されています。スピッツの曲に年齢は関係ありません。みんなが幸せになってしまうメロディーなのです。

出典: http://m032-001-music-camp-pr.s3.amazonaws.com/yx51L14khIrtvu7lp938SuOy1QIZD5z9tjc2AB9PURc-image-full

﨑山龍男のプロフィールご紹介

  では、ここからは、本題のドラムの崎山龍男さんについて調べてみました。

  特に、崎山さんの出身地、青春時代、好きなものは何でしょうか?
 

出典: https://pics.prcm.jp/cb19598e7cb7b/59018406/jpeg/59018406.jpeg

崎山龍男さんの生い立ち

 崎山さんは、1967年生まれの51歳で、出身地は栃木県佐野市です。実家は、洋裁店を営んでいます。中学、高校時代には、ドラムではなく、ベーシストでした。高校3年生の時に、ドラマーの才能を見出され、文化服装学院在学中は、すでに花形ドラマーとして活躍していました。

崎山さんの好きなものは?

   動物が好きで、ゴールデンレトリバーや、うさぎを飼っていました。また、阪神タイガースの大ファン。食べ物では、トウモロコシとアップルパイが大好きです。

﨑山龍男の魅力について

   中学、高校時代には、ベーシストとして、それから、ドラマーになった崎山さん。崎山さんは、特徴のあるドラムの演奏をしているそうです。一般的なドラムのたたき方ではなく、「モーラー奏法」と呼ばれています。この「モーラー奏法」は、一般の演奏をしているドラマーにとっては、とても難しい方法なのだそうです。特に、初心者には難しく、ドラム上級者が利用する奏法だとよく言われています。

   実際、この「モーラー奏法」は、とてもシンプルな動きで演奏することができます。しかし、「モーラー奏法」に慣れてしまうと、一般的な奏法が難しく感じてしまうのです。

  スピッツの「ハネモノ」という曲を聴いてみると崎山さんが演奏するドラムの音が、とても特徴があるのがわかります。

  この「ハネモノ」という曲を演奏する崎山さんのドラムの音を聴いて、普通のドラムの音との違いに気が付きましたか?
回転するような音の演奏の仕方が「モーラー奏法」というものです。

  このような独特な演奏をする崎山さんがとてもかっこいいと思いませんか?一般のドラマー達は、崎山さんに憧れて「モーラー奏法」を練習する人も多いのではないでしょうか。崎山さんは、上手いドラマーなのです。

関連記事

Article Ranking