【11選】AKB48の歴代の大ヒット曲ランキング11選!ファンが選ぶ絶対に外せない名曲まとめ

国民的人気アイドルグループ、AKB48のファンが選ぶヒット曲をまとめました。初期から最近のものまで名曲ぞろいなのでぜひチェックしてみてください!11曲チョイスしているのでお気に入りの一曲が見つかるはず。PVと一緒に楽しめば、推しメンが見つかるかも?

記事の目次

  1. 1.国民的アイドルとして大人気のAKB48
  2. 2.可愛いだけじゃない、誰もが認める名曲も多い?
  3. 3.歴代の大ヒット曲ランキング11選
  4. 4.まとめ

国民的アイドルとして大人気のAKB48

神曲たち(DVD付)

参考価格: 3,200円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon3,200円

AKB48といえば、ここ10年以上女性アイドル界のトップクラスの人気を誇る国民的人気アイドルグループです。

メンバーの人気順を決める総選挙、他の姉妹チームへの異動など、ユニークな試みがファンのみならず一般の人たちにも注目されてきました。

クラスで3番目くらいに可愛い女の子たちを集めたこのグループ。
メンバーの入れ替わりはあれど、グループの存在自体は老若男女問わず知られているのではないでしょうか。

シングルを出すたびにランキング上位をかくとする彼女たちの魅力とは、どこにあるのでしょうか?

その秘密は、各メンバーのキャラクター性にあると筆者は考えます。

握手会などのイベントでファンと対面することが多い彼女たちは、おのずと自分自身のキャラクターをかため、ファンに顔と名前を覚えてもらうためにSNSなどのPRも日夜頑張っています。

歌やダンスも、普通の女の子が汗を流しながら頑張っているところが、ファンの心には刺さるのではないでしょうか。

数多くのシングル曲をヒットさせている彼女たちですが、初期メンバーによる「桜の花びらたち」から順々にPVを観ていくと、彼女たちの成長を感じ取ることができるはずです。

可愛いだけじゃない、誰もが認める名曲も多い?

AKB48の歌は「会いたかった」「ヘビーローテーション」などのように可愛い曲が多いイメージがあるかもしれませんが、誰もが認めたくなる名曲も実はあります。

バラード系なら「夕陽を見ているか」などは、知る人ぞ知る名曲なのではないでしょうか。

またメンバーのソロ曲ですが、柏木由紀の「夜風の仕業」や大島優子の「泣きながら微笑んで」なども、公演曲では人気です。

かっこいい系なら「RIVER」「Beginner」などもおすすめです。

また体育会系チームと言われる、チームKの公演曲などはかっこいい系の歌が多く「転がる石になれ」などは、アイドルソングの中でも異彩を放っているのではないでしょうか。

歴代の大ヒット曲ランキング11選

ここではAKB48の歴代ヒット曲11選をご紹介します。

AKB48の音楽をあまり聴いたことがない方にも耳なじみのいい歌をチョイスしてみたので、ぜひ試しに聴いてみてください。

学生時代からのAKB48ファンが選ぶ曲一覧です!(ファン歴10年。推しメンは指原莉乃と松井玲奈)

ヘビーローテーション

AKB48のメジャーシングル17作目で、大島優子が総選挙1位を獲得したことを記念し作られた一曲です。

オリコン週間チャートで初動売上50万枚以上を達成し、ロングヒットを飛ばし、累計売上88万枚を記録した人気曲です。

プロデューサーの秋元康は、歌詞を書く際にセンターの人に対してのあて書きをする傾向にありますが、この曲の場合もまさにそうで、大島優子の活発なキャラクターに合った世界観に仕上がっています。

PVではセクシーなランジェリー姿ですが、テレビ番組ではポップな古着風衣装がキュートだったので、気になる方はぜひYouTubeなどで探してみてください!

顔や声を
想うだけで
居ても立ってもいられない

この歌は片思いでも両思いでも共感できるような歌詞になっているのですが、24時間大好きな人を想うだけで居ても立ってもいられない気持ちを明るく、可愛く表しているのが特徴です。

大島優子が歌の始まりに「ワンツースリーフォー!」と元気にカウントするのもこの歌の世界観にマッチしていて、聴き手をワクワクさせてくれます。

AKB48初心者の方は、ぜひまずこの歌からスタートしてみてください!

RIVER

AKB48の14作目のシングル曲で、グループ初のオリコン週間シングルチャートで1位を獲得した歌です。

センターは高橋みなみと前田敦子。

キャプテンとエースで初期メンバーの2人がセンターを務めるこの曲は、かっこいい系。

ファンから歌唱力に定評があった高橋みなみの声質にもマッチしています。

AKB48のこれまでのシングルは可愛い系が比較的多かったのですが、かっこいい系の歌をここで表題曲とすることによって、新たな一面をファン以外の一般層にも見せることができたのでは。

秋元才加や宮澤佐江など女性ファンの多いかっこいいメンバーが選抜されていることも、一つのポイントでしょう。

君の目の前に
川が流れる
広く おおきなかわだ
暗く深くても
流れ速くても
怯えなくていい
離れていても
そうだ 向こう岸はある

RIVER(川)=夢にたどり着くまでの道として、様々な困難が待っていても、そこには希望が広がっていることを感じさせます。

夢に向かって頑張っている人のための応援歌ですね。

何か目標に向かってもがいている人はぜひ聴いてみてください!

会いたかった

AKB48のメジャーシングル1作目で、センターは前田敦子です。

オリコンシングル週間チャートで、最高順位12位を記録しています。

1期生、2期生だけがいる時代で、黒髪のメンバーが多いのも新鮮ですね。

まさに王道恋愛アイドルソング、といったところでしょうか。

歌詞の内容は、好きな人に告白しようとする女の子のストレートな気持ちを表しています。

好きならば 好きだと言おう
誤魔化さず 素直になろう
好きならば 好きだと言おう
胸の内 さらけだそうよ

ストレートで、前向きな気持ちになれそうな歌詞ですね。

これをまだ初々しさの残るAKB48メンバーたちが歌っているのが、より一層きゅんと来てしまいそうです。

王道アイドルソングを聴きたい方はぜひ。

関連記事

Article Ranking