【K-POP】イケメン揃いで大人気!曲もダンスもかっこよすぎる防弾少年団(BTS)の人気曲11曲をご紹介!

今、世界的にも大人気となっているL-POPグループの防弾少年団(BTS)のヒット曲を掘り下げる。防弾少年団は単にイケメンのアイドル・グループだということだけではなく、その楽曲のクオリティも高く、見た目だけじゃない人気の秘密を探っていきます。

MIC Drop (Steve Aoki Remix)

Youtube再生回数5億回超えでEDM界の大御所スティーブ・アオキによるリミックスです。
ダンスのシンクロも素晴らしいですが、それ以上にサウンドが米国の仕様なのが驚きです。

 

DOPE

Youtube再生回数は4.7億回超えで、2015年リリースの『The Most Beautiful Moment InLife』に収録の曲です。

防弾少年団(BTS)のイメージソングとも言える代表的な一曲です。
ダンス、ヒップホップを見事にまとめ上げ、EDM調にまとめ上げられたミドル・テンポのダンス曲です。

피땀눈물(Blood Sweat & Tears)

Youtube再生回数は4.5億回超えで、韓国でリリースされたアルバム「WINGS』のリード曲です。
日本語だと「血、汗、涙」で、メンバーも当初は困惑したらしいと話題になったタイトルです。
この曲を通じて、セクシーさを強調するようにしたようです。

Save ME

Youtube再生回数は3.9億回超えで、2016年リリースのアルバム『Young Forever』収録の曲です。
バラードのようなスローで始まりますが、サビに向かってEDM調の展開をするスロー・ダンス曲です。

Boy With Luv

Youtube再生回数は3.4億回超えで、2018年リリースのアルバム『MAP OF THE SOUL : PERSONA』のリード曲です。
MV公開から37時間で1億回再生突破という世界記録を出した曲です。

Not Today

Youtube再生回数は3.2億回超えで、ダークな雰囲気のミドルテンポのEDMです。
歌詞の”But no, not today ”は社会への抵抗を示し「でも、今日はそうはさせない」という反骨の曲です。

Boy In Luv

Youtube再生回数は2.9億回超えで、2014年リリースのミニアルバム『Skool Luv Affair』収録の曲です。
MVに映るメンバーは皆、まだあどけないです。
ロック色が強い曲で現在のスタイルとはやや異なります。

まとめ

防弾少年団(BTS)の魅力を音楽、ダンスから理解してもらおうと多くの曲を紹介しました。
今後も彼らのさらなる活躍が期待です!

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking