【映画】るろうに剣心の実写化がすごい?!主題歌にはONE OK ROCKが抜擢された!

人気マンガの実写化映画として大成功を収めた映画『るろうに剣心』シリーズ。主題歌をONE OK ROCKが務めたことでも話題となりました。今回は映画『るろうに剣心』について、主題歌の情報も含めてご紹介していきたいと思います。 

記事の目次

  1. 1.劇場版るろうに剣心のクオリティがすごい?
  2. 2.キャストの配置も完璧だと高評価を受けている
  3. 3.ONE OK ROCK『Mighty Long Fall』が主題歌として起用された
  4. 4.まとめ

劇場版るろうに剣心のクオリティがすごい?

Photo byavanzu

和月伸宏による大人気マンガ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。

主演を佐藤健、監督を大友啓史が担当して実写映画化されたことでも非常に話題となりました。

大友啓史は『るろうに剣心』シリーズの他にも映画『プラチナデータ』(2013)や『3月のライオン』(2017)、『億男』(2018)などの話題作を数多く手がけています。

映画『3月のライオン』では神木隆之介、『億男』では佐藤健や藤原竜也など、劇場版『るろうに剣心』シリーズに出演していた俳優たちがその後も大友啓史監督の作品に出演しています。

劇場版シリーズの1作目となる映画『るろうに剣心』は2012年8月25日に公開され、興行収入は30.1億円を突破。

その後、2014年8月1日には2作目となる『るろうに剣心 京都大火編』(興行収入52.2億円)、9月13日には第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』(43.5億円)が連続公開されました。

シリーズ累計の興行収入は125億円を突破し、さらに映画『るろうに剣心』シリーズは日本だけでなく世界64か国2地域で上映され、日本を除くアジア全土での最終興行収入は1億円を突破。

これは日本映画初の快挙であり、国内だけでなく世界でも評価される作品となりました。

人気マンガの実写化となるとどうしても不評も多く、特に『るろうに剣心』のようなマンガの場合は実写ではあり得ない剣術や体術、アクションのかっこよさが作品の大きな魅力となります。

そこが実写化された際に再現できていないとやはり残念なのですが、この映画『るろうに剣心』ではアクションシーンも本格的で迫力満点。

殺陣の迫力や力強さからスピード感まで非常にこだわり抜かれた作品となっており、原作を忠実に再現した戦闘シーンなどは、原作ファンからも文句なしの完成度として評価されました。

キャストの配置も完璧だと高評価を受けている

Photo byrawpixel

映画『るろうに剣心』シリーズでは、豪華でハマり役が勢揃いのキャストも話題となりました。

アクションシーンなどだけではなくキャストの面から見ても実写化大成功の映画と言われており、特に主役の剣心役を演じた佐藤健については、剣心役はもう彼の他には考えられないと言われるほどの適役として評価されました。

緋村剣心:佐藤健
神谷薫:武井咲
鵜堂刃衛:吉川晃司
高荷恵:蒼井優
相楽左之助:青木崇高
斎藤一:江口洋介
武田観柳:香川照之
四乃森蒼紫:伊勢谷友介
瀬田宗次郎 - 神木隆之介
巻町操:土屋太鳳
志々雄真実:藤原竜也

主要キャストの一部を見ただけででも、非常に豪華な俳優陣が勢ぞろいしていることがわかります。

『るろうに剣心』の主人公、緋村剣心を演じたのは佐藤健。緋村剣心は一見穏やかでどこか抜けているところのある温厚な人物ですが、元は「人斬り抜刀斎」と呼ばれ恐れられる剣客。

冷徹さと柔らかさを兼ね備えたキャラクターという難しい役所を、佐藤健は見事に演じ切りました。

一方『るろうに剣心』のヒロイン、神谷薫を演じたのは女優の武井咲。美しくて強い、凛とした性格を持つ薫。

武井咲が第1作で薫を演じたのは彼女が撮影当時で17歳のとき。

10代の頃から、大ヒット映画のヒロイン役に抜擢される魅力の持ち主でありました。

巻町操役をオーディションで勝ち取ったのは、今では人気女優として大活躍している土屋太鳳。

身体能力が高くてパワフルでおてんばなところのある巻町操の雰囲気に、土屋太鳳のキャスティングもぴったりです。

Photo bykummod

藤原竜也が演じたのは最凶で最悪の敵、志々雄真実。

そのリアリティ溢れるビジュアルの完成度にも驚きですが、志々雄真実を再現するために特注のスーツが制作されました。

この特注スーツ、着ているときは周りの声も聞こえにくく、食事も出来ず、トイレにも行けないためとても大変だったようです。

彼が演じる志々雄真実の迫力は鳥肌もので、藤原竜也の演技力を改めて見せるつけるものとなりました。

そして、神木隆之介が演じたのは、童顔の美少年で、愛嬌のあるかわいらしいルックスの持ち主でありながら類い稀なる剣術を持ち、涼しい顔で人を殺す恐ろしい冷酷さを持った瀬田宗次郎。

このキャスティングについても、瀬田宗次郎役に神木隆之介がぴったりだったと高く評価されています。

また、原作でもファンの多い人気キャラ、四乃森蒼紫を演じたのは俳優や映画監督としても活躍する伊勢谷友介です。

二刀流で、剣心にも劣らない強さを持つ蒼紫を演じるために体も徹底的に鍛えて役作りをして挑んだそうです。

そして、映画『るろうに剣心』のキャストの中でも一際光っていたのが武田観柳という悪役を演じた香川照之。

ひたすら敵を罵りながらガトリングガンを撃ちまくるシーンなど、香川照之の怪演が話題となりました。

香川照之をはじめ、自分の道を貫き通す孤高のヒーローである斎藤一を演じた江口洋介や、鵜堂刃衛の恐ろしさを実写化でも見事に再現していたと評価される吉川晃司など、演技力にも定評のある豪華な俳優陣がこの映画のクオリティをさらに高めてくれています。

ONE OK ROCK『Mighty Long Fall』が主題歌として起用された

関連記事