【千と千尋の神隠し】ジブリ名作の主題歌を歌い上げる木村弓!「いつも何度でも」について徹底考察

宮崎駿監督、ジブリアニメの中でも超ヒット作品である「千と千尋の神隠し」。その主題歌は木村弓が歌う「いつも何度でも」です。
多くの人の心に残る名曲であり、老若男女問わず歌われる名曲です。この曲が作られた経緯やヒットの秘密を探ります。

記事の目次

  1. 1.ジブリ超大作「千と千尋の神隠し」
  2. 2.「千と千尋の神隠し」のあらすじ
  3. 3.主題歌『いつも何度でも』は誰もが心地よく忘れられない名曲
  4. 4.まとめ

ジブリ超大作「千と千尋の神隠し」

Photo bymohamed_hassan

「千と千尋の神隠し」は、2001年に公開された宮崎駿監督のジブリアニメです。
興行収入は300億円を超え日本歴代興行収入第1位、アカデミー長編アニメ映画賞も受賞し、日本中の人がよく知る大ヒット映画となりました。

この日本中の人がよく知っているジブリアニメ「千と千尋の神隠し」は、海外でも人気の高いジブリアニメの一つです。

・第52回ベルリン国際映画祭金熊賞
・第30回アニー賞掌編アニメ映画監督賞、脚本賞、音楽賞
・第68回ニューヨーク映画批評家協会賞アニメ映画賞
・第28回ロサンゼルス映画批評家協会賞アニメ映画賞
・ナショナル・ボード・オブ・レビューアニメ部門賞
と海外の多くの賞を受賞しています。

銭湯や神様といった日本的な部分が多いファンタジーな世界観が、海外でも人気の理由のようです。


 

「千と千尋の神隠し」のあらすじ

フリー写真素材ぱくたそ

「千と千尋の神隠し」は、10歳の少女千尋が八百万の神様の不思議な世界に迷い込み、様々な出会いや出来事を経て、たくましく成長していくファンタジー物語です。

物語は、車の中で千尋がふてくされた顔で寝転がっているシーンから始まります。
引っ越しのため、友達と離れ離れになってしまったしまったのでしょう。
千尋は、気力のない顔で花束を胸に車の中に寝転がっています。

両親は、ある大きな古い建物の前に車を止めます。
古びた建物の中を歩いて抜けると、そこは誰もいない商店街のような街でした。
商店街を散策する中、千尋の両親は、商店街のお店の食べ物を勝手に食べてしまいます。

実は、ここは八百万の神様の世界。
両親が食べてしまった食べ物は、神様たちの食べ物でした。
両親は罰として豚に変えられ、千尋も帰ることができなくなってしまいました。
しかし、ハクという少年に助けられます。

千尋は、ハクと一緒に、八百万の神々が利用する「油屋」という名前の銭湯で働き始めます。
「油屋」の女将は湯婆婆という魔女です。
湯婆婆は、名前を奪ってその人を支配するという力を持っていました。
千尋という名前は湯婆婆によって奪われ、代わりに「千」という名前が与えられます。

銭湯には様々な従業員が働いていました。
姉御肌で千尋をからかいながらも面倒をよく見てくれるリン、ボイラー室で働き千尋を可愛がってくれる釜爺などです。
また、物語の中でカオナシという化け物や湯婆婆の姉妹の銭婆との出会いもありました。
そういった様々な人物との出会いや銭湯での事件が千尋をたくましく成長させていきます。

銭湯の中で起こる事件や銭婆のトラブルが解決した後、千尋は湯婆婆に両親と一緒に元の世界に帰ることをお願いします。
湯婆婆は、たくさんの豚の中から両親を見つけることを条件に出します。
自分の両親を必死に探し、最終的に千尋は、この豚の中に両親が紛れていないことに気づきます。
千尋の親を思う心に心を打たれます。

この豚の中に両親がいないことを見抜きいた千尋は自分の名前を返され、元の世界に帰ることを許されます。
「自分の名前を大切に」という湯婆婆の言葉は心に響きます。

たくましく生きること、人を思いやること、家族を大切にすること、自分を大切にすること。
この物語の中には、子供達に伝えたいメッセージがたくさん詰まっているように思われます。

千尋のモデルとなったのは、スタッフの子供である10歳の少女だそうです。
その少女は宮崎駿の「小さな友達」であり、「小さな友達」との出会いが、10歳の子どたちに向け、少女がたくましく生きる姿を描きたいという思いを沸き起こさせたそうです。

主題歌『いつも何度でも』は誰もが心地よく忘れられない名曲

Photo byMabelAmber

「千と千尋の神隠し」の主題歌『いつも何度でも』は、歌手であり、作曲家である木村弓の楽曲です。
2001年7月18日にシングルとしてリリースされ、第43回日本レコード大賞金賞、第25回日本アカデミー賞主題歌賞を受賞しました。
ライアーと呼ばれる竪琴を伴奏に、弾き語りで歌われるこの曲は、学校や保育園などでも歌われ、多くの人に親しまれています。

では「いつも何度でも」はどのように生まれたのでしょうか。
また、多くの人の心に残るのはなぜでしょうか。

作曲の経緯

『いつも何度でも』は、元々、公開までに至らなかった宮崎駿監督のアニメ「煙突描きのリン」という映画のために作られた曲でした。

しかし、初めから木村弓に作成依頼があったわけではありませんした。
きっかけは、ジブリアニメの世界観に感銘を受けた木村弓が自身の曲を宮崎駿監督に送ったことに始まります。

映画「もののけ姫」を観た木村弓は、宮崎駿監督の作品の曲を作りたいと考えたそうです。
そこで、自分の作品を宮崎駿監督に送りました。

すると、宮崎駿監督から手紙が送られてきました。
中には、「煙突描きのリン」という映画の企画があることが書かれていたそうです。

その映画の企画を読み、メロディーが浮かんだ木村弓は、『いつも何度でも』を作曲し、宮崎駿監督に曲を送りました。
残念ながら「煙突描きのリン」はお蔵入りとなってしまったのですが、代わりに映画「千と千尋の神隠し」のエンディングに起用されることになりました。

後に、宮崎駿監督は『いつも何度でも』が、「千と千尋の神隠し」の制作のきっかけになったのかもしれないと言っていたそうです。
それほど、この曲には宮崎駿の心を打つものがあったのではないでしょうか。
 

「いつも何度でも」の歌詞に込められた意味

関連記事

Article Ranking