JR浜松駅の新幹線構内にはピアノがある!過去弾いた有名人やその動画をご紹介!

巷で話題となっているJR浜松駅にあるピアノ。駅の構内にピアノが置かれているということで話題となり、Youtubeに演奏動画も多く投稿されています。今回は、多くの人が注目するJR浜松駅にあるピアノについて注目してみました。

JR浜松駅にはピアノがある?

Photo byTiBine

静岡県の浜松市にはるJR浜松駅の構内にはピアノが設置されています。

なぜ、そんな場所にピアノが置いてあるのか不思議ですよね。
誰が弾くためのものなのか、そもそも何のために設置されているのか、気になる疑問について調査してみました。

JR浜松駅にはなぜピアノがあるの?

JR浜松駅には、もともと構内に展示のためスペースが用意されています。
展示スペースは大小2つで、そこで浜松の有名企業が自社のPRのために展示を行っているのです。

参加しているのは、ヤマハ、河合楽器製作所、スズキという浜松を代表する企業です。
この3社が1年ずつ交代で展示を行っているため、1年ごとに展示されている物自体やピアノのモデルは変わっていきます。

地元の人だけでなく全国から人が集まる駅の構内をうまく利用して、地元企業や浜松という土地のPRをしているというのはとても素敵な企画ですね。

どんなピアノが置いてあるの?

Photo by reach_rh

JR浜松駅に置かれているのはヤマハやカワイのピアノで、過去にはYOSHIKIが使用しているカワイの限定モデルのピアノが置かれていたこともあります。

2018年7月から2019年6月までの期間はヤマハのピアノが展示されています。
設置されているのは「CFX」というフルコンサートグランドピアノで、気になる値段は希望小売価格なんと1,900万円(税抜)です。

JR浜松駅にあるピアノは誰でも弾けるの?

JR浜松駅のピアノは駅の構内に設置されており、特別な使用許可なども必要なく誰でも弾くことができます

新幹線の構内にあるため、新幹線を利用する方であれば入場してそのまま自由に使うことができるのです。
ただ、新幹線を利用しない場合は140円の入場券を購入することで構内に入ることができます。入場券は制限時間が2時間となっており、自動券売機で購入することができます。

設置されているピアノは誰でも自由に弾くことができますが、構内を通行する人に丸見えの場所にあって音もとても響きますので、最初はなかなか勇気がいりそうです。ただ、高級なピアノをしっかり音が響く環境で弾くことができますので、弾いてみると思っている以上に心地よいという感想も耳にします。

このピアノを弾く人に注目が殺到!

この浜松駅構内にあるピアノは非常に人気で、このピアノを弾くために足を運ぶという人も少なくありません。

演奏動画を撮影してYoutubeなどに投稿して注目を集めている有名人もたくさんいます。

JR浜松駅でのピアノの演奏動画をYoutubeに公開していることで有名なのが、”ピアノ弾き逃げ系YouTuber”として「OOKI engineering」というアカウント名で活動する大木さんです。

大木さんは、この浜松駅でのピアノ演奏が注目され過去には新聞の一面にも取り上げられたことのある人物です。

他にも、Youtubeへの演奏動画の投稿を通してピアニストとして活躍している「CANACANA family」さんなど、JR浜松駅での演奏動画をYoutubeに公開して話題となっている人がたくさんいます。

過去浜松駅構内のピアノを弾いた動画

JR浜松駅に設置されているピアノを演奏する動画をYoutubeに投稿しており注目を集めている存在の大木さん。

こういうストリートでの演奏の際には、日本人は足を止めることも少なく冷たいと言われることもありますが、せわしなく構内を歩いていく人の多くがピアノを弾く大木さんの姿に顔を向けたり、思わず立ち止まる人の姿も見受けられます。

最高級のピアノと、構内に響くピアノの音色、そして大木さんの温かく感情のこもった演奏は多くの人を感動させているのです。

大木さんは、実は過去に展示されていたカワイのYOSHIKIが使用している限定ピアノも演奏しています。

披露したのはX JAPANの『Forever Love』。
大木さんのピアノは感情表現が素晴らしく美しいですね。まるで歌声が聞こえるような音色が響き渡る最高の演奏です。

Youtubeにさまざまな楽曲をピアノで演奏する動画を投稿しているピアニスト「CANACANA family」さんも、浜松駅のピアノを演奏しています。

こんなに素晴らしい演奏が、構内を歩いていたら突然無料で聴けてしまうなんてすごいですね。

自由に弾けるストリートピアノ

Photo by3005398

JR浜松駅に設置されているピアノでは、置いてある2台のピアノでまったく知らない人同士のセッションが始まったり、このピアノが目的で浜松駅に足を運ぶ人がいたり、この展示の企画はとてもおもしろいものだなと思います。

全国には他にもいろんな場所で、誰でも自由に弾くことのできるストリートピアノと言うものが設置されている場所があり、Youtubeのそのピアノの演奏動画を公開する人もたくさんいて話題となっています。誰でも気軽に、知らない人とでも自由に音楽を共有できるストリートピアノはとてもおもしろいアイデアだと思いますので、もっともっといろんなところに普及していってほしいですね。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう