【ドラマ】倉本聰の話題の昼ドラ「やすらぎの郷」は中島みゆきが主題歌でバックアップしていた!

「やすらぎの郷」の主題歌である中島みゆきの『慕情』という曲が、そうとうな話題になっているのをご存じでしょうか?あの名作ドラマ「北の国から」を手掛けた倉本聰の作品「やすらぎの郷」の世界観をバックアップしているようです。中島みゆきの『慕情』を読み解いていきます。

記事の目次

  1. 1.「北の国から」をはじめ、数々の名作を生み出してきた巨匠、倉本聰
  2. 2.倉本聰が手掛けた昼ドラ「やすらぎの郷」とは
  3. 3.中島みゆきのプロフィールはこちら!
  4. 4.中島みゆきが主題歌を手がけて「やすらぎの郷」をバックアップ!
  5. 5.まとめ

「北の国から」をはじめ、数々の名作を生み出してきた巨匠、倉本聰

倉本聰は1934年12月31日生まれで東京府(現在の東京都)出身の脚本家であり劇作家、演出家として広く知られています。

父親は岡山県出身の山谷太郎という俳人で、父母両方ともクリスチャンでした。

幼少の頃は戦争を経験しており山形県や岡山県に疎開していますが、東京に帰りたく仮病を使って東京に帰ることに成功しています。

この一連の体験はドラマ「北の国から」の、ストーリーの流れのヒントになっているようです。

1959年にニッポン放送へ入社し、ディレクターやプロデューサーとして働きながら脚本家の活動もしていました。

脚本を書いていることは会社には内緒で、当時は毎日2時間ほどの睡眠時間しかとっていない非常に多忙な生活を送っていたそうです。

倉本聰が手掛けた人気ドラマ作品は沢山ありますが、その一部がこちらです。

「前略おふくろ様」

  • 第1シリーズ/1975年10月17日~1976年4月9日まで放送
  • 第2シリーズ/1976年10月15日~1977年4月1日まで放送
  • 出演者は萩原健一、梅宮辰夫、桃井かおり、八千草薫など

「昨日、悲別で」

  • 1984年3月9日~1984年6月1日まで放送
  • 出演者は天宮良、石田えり、村田香織、五月みどりなど

「ライスカレー」

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

  • 1986年4月3日~1986年6月26日まで放送
  • 出演者は時任三郎、陣内孝則、中井貴一、北島三郎など

「優しい時間」

  • 2005年1月13日~2005年3月24日まで放送
  • 出演者は寺尾聰、二宮和也、長澤まさみ、余貴美子、大竹しのぶなど

「風のガーデン」

  • 2008年10月9日~2008年12月18日まで放送
  • 出演者は中井貴一、黒木メイサ、神木隆之介、伊藤蘭など

「北の国から」とは?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

フジテレビのテレドラマ「北の国から」1981年10月9日~1982年3月26日まで放送されました。

北海道富良野市が舞台になっており、雄大な自然に囲まれながら主人公の男性とともに21年間にわたる、2人の子どもたちの成長過程を描いたドラマです。

もともとは大ヒット映画『キタキツネ物語』や『アドベンチャー・ファミリー』に似ているものを作れないかと、フジテレビが倉本聰に持ち込んだ企画でした。

出演者は田中邦衛・吉岡秀隆・中嶋朋子・いしだあゆみ・岩城滉一・地井武男・松田美由紀などで、数々の名言を残している作品でもあります。

連続ドラマが終了した後、ドラマが好評だったことにつき8編のスペシャルドラマも放映されました。

多くの名誉ある賞を受賞し社会現象を巻き起こした、後世に語り継がれる作品です。

スペシャルドラマの放送日は以下の通りになります。
 

  • 北の国から'83冬/1983年3月24日放送
  • 北の国から'84夏/1984年9月27日放送
  • 北の国から'87初恋/1987年3月27日放送
  • 北の国から'89帰郷/1989年3月31日放送
  • 北の国から'92巣立ち/1992年5月22日~1992年5月23日まで放送
  • 北の国から'95秘密/1995年6月9日放送
  • 北の国から'98時代/1998年7月10日~1998年7月11日まで放送
  • 北の国から2002遺言/2002年9月6日~2002年9月7日まで放送

倉本聰が手掛けた昼ドラ「やすらぎの郷」とは

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

2017年4月3日~2017年9月29日に放送された、テレビ朝日のドラマです。

月曜日~金曜日の12時30分~12時50分の枠で、出演者は石坂浩二・浅丘ルリ子・有馬稲子・五月みどり・野際陽子・加賀まりこなどでした。

家族の絆や友情、愛や死がテーマになっており今問題になっているテレビの在り方への批判も含まれており、面白さもありシリアスさもある作品です。

舞台は東京近郊にある老人ホームで、昭和に活躍した芸能人や音楽家や脚本家などがそこに暮らしている光景が描かれています。

ゴールデンタイムと言われる夜の20時前後に、若者向けのドラマが多く放送されていることを受けて作られた、大人向けに作られたドラマです。

2018年のエランドール賞にて制作チームに特別賞を、2018年のATP賞にて特別賞を受賞し話題になりました。

第129話、26週に渡って放送されています。

次のページ

中島みゆきのプロフィールはこちら!

関連記事

Article Ranking

記事はありません。