コスパ重視だけど高音質も諦めたくない人必見!選ぶべき最強イヤホンまとめ

コスパ重視で高音質なイヤホンってあるのか? ここではイヤホンのタイプを整理し、どういうタイプのイヤホンがあって、自分にある商品をどのように選べば良いのか? を整理しながら「高コスパ高音質なイヤホン」を幾つかおすすめしていこうと思います。

高コスパでも高音質を叶えるイヤホンなんてあるの?

Photo bybohed

イヤホンは山のように電器店に売ってます。より良い音を求めるなら最低1万円は出さないと高音質は手に入りません。「低価格で高音質な最強イヤホン」って本当に存在するのか? 

ここでは5,000円以下の安いイヤホンから高品質な商品を5つに絞り込み、1万円以上の商品品質に「肉薄」もしくは「超える」おすすめ商品を選んでみました。

イヤホンの種類

Photo by GEEK KAZU

イヤホンの音質を左右する「仕組」には幾つかタイプがああります。ここでそれらを整理します。

装着方法

  • 耳にかけるタイプ
  • インナーイヤータイプ
  • カナルタイプ

  • 耳にかけるタイプ・・・スピーカー部の外側に耳の上側に引っかける部品が付いたものです。主にスポーツ用途に多いタイプです。
  • インナーイヤータイプ・・・スピーカー部を耳穴に引っかける「昔のイヤホン」形状です。外の音が聞こえ、大音量だと音漏れします。
  • カナルタイプ・・・耳穴にスピーカー部を入れてしまいます。遮音性が高いので音質追求し易いタイプです。

  • 有線
  • ワイヤレス

  • 有線・・・イヤホンジャックからケーブルで繋いだ一般的なものです。
  • ワイヤレス・・・bluetoothにより無線接続し、音源とイヤホンを繋ぐケーブルがありません。最近は左右独立し、イヤホン自体にケーブルが一切無いものが出てきています。

音源ドライバ

  • ダイナミック型(DD型)
  • バランスドアーマチュア型(BA型)
  • ハイブリット型

  • DD型・・・音源ドライバー1個で全周波数帯域を鳴らし音のバランスが良いです。
  • BA型・・・音源ドライバーを低音部、高音部で分ける事でユニットを小型し、専用音域を追及し易いです。
  • ハイブリット側・・・DD型+DA型をミックスした方式です。

関連記事