【男女別】フジロックをオシャレに楽しむおすすめの服装・格好まとめ!

フジロックにピッタリな服装を男女別にご紹介しています。持っておくと便利な準備物もまとめているので、フジロックに参戦する予定のある方はチェックしてみてください。日帰りの人・キャンプサイトに泊まる人それぞれが持っておくといいアイテムなどもピックアップしました。

フジロックの服装

フジロック(正式名称:FUJI ROCK FESTIVAL)は、日本の代表的なロックフェスティバルで1997年からおよそ20年にもわたって開催され続けているイベントです。

山梨県の富士山のふもとのスキー場が初開催でしたが、2019年においては新潟県湯沢町の苗場スキー場にて開催されました。

2019年現在では3日間にわたり楽しめる音楽フェスですが、イベント時期は宿泊先が満杯になってしまうほどの大盛況ぶりです……。

そのため、会場内のキャンプサイトなどに泊まる人も多いのではないでしょうか。またキャンプサイトにも泊まれず、日帰りで帰る人、その他の手段を使う人も少なくはないでしょう。

そんなフジロックでどんな服装をするべきなのか?
男性・女性別に実際の事例とともにご紹介していきたいと思います。

フジロックは雨が多い

フジロックといえば、イベント当日雨が降ることが多いイベントとしても知られています。

初開催の1997年は、台風直撃&豪雨というダブルパンチの環境で体調不良になる人が続出。次年度は山梨県富士山ふもとの会場から、東京都豊洲の会場に移転する流れとなりました。

その後は2002年に台風、2009年に豪雨などの大きな天候トラブルが発生しています。
今年2019年は、季節の変わり目の時期とも重なり、天候が不安定な結果に。

来年2020年以降もおそらくですが、雨が降る可能性は大いにあるので、万全な準備をしてイベントに臨むのがベストでしょう。

上下セットの雨がっぱ、トレッキングシューズがあると、雨の日のイベントも心強い味方になります。
野外イベントなので、雨の場合地面がぬかるむ恐れがあります。

最近ではお洒落な雨がっぱやトレッキングシューズも多いので、早い段階でこうした雨具の用意もしておくと安心でしょう。

フジロックの昼夜の気温差には要注意

フジロックが開催される、苗場スキー場は気温差の激しいエリアです。
日によって気温がころころ変わりますし、昼夜での気温差も覚悟しておいたほうがベター。

特に寒がりな女性などは、カーディガンなどを持参しておいたほうが安心でしょう。イベントが開催されるのは7月といえど、東北エリアなので涼しめな場所です。

雨などが降ると特に、体を冷やしてしまいやすいので、雨具・羽織物など持参しておくことをおすすめします。中には、ホッカイロを持参する人もいるようです。

キャンプサイトに泊まる場合、寝るのも野外ということになるので、特に服装や防寒グッズなどの準備は重要ですね。虫よけアイテムなどもあると、なおいいでしょう。

【男性編】フジロックをオシャレに楽しむ服装・格好まとめ

フジロックで思いっきり音楽を楽しみたい!
だけど、お洒落も妥協できない……そんな男性陣におすすめな服装をご紹介します!

シンプルファッション派な男性も、足元や小物などにこだわるだけで、男前の出来上がりですよ!

足元は?靴?サンダル?トレッキングシューズ?

フジロックは雨の日が多いイベントなので、トレッキングシューズや長靴は持っておくと安心ですが、晴れの日ならサンダルやスニーカーなどもOK!

雨の日・晴れの日いずれにも対応できるよう、2種類くらい持っていくのもいいかもしれませんね。

※雨の日だとその後晴れていても、地面がぬかるんでいる可能性があるため臨機応変に対応できるようにしましょう!

また土ぼこりもあるので、絶対に汚したくないお気に入りの一足は持って行かないのが吉です。

どんな帽子が良い?

フジロックが開催されるのは7月。

雨天も多いフジロックですが、晴れている時は気温が上がるので、熱中症にも注意したいところです。

そこで大活躍するのが、帽子!
一日中野外にいるので、全方向にツバが広がっているものがおすすめです。

あとは汗をかくことが予想されるので、速乾性がある生地の帽子をおすすめします。

THE NORTH FACEなど、キャンプ用のアイテムも多く取り扱っているお店に行けば、お洒落で使いやすいアウトドアハットがあるので、ぜひ見てみてください!

おすすめのブランド

フジロックにおすすめな男性物のブランドは、先述でも触れたTHE NORTH FACEなどアウトドアでも活躍するのでぴったりです。

その他にも、Patagonia、L.L.Bean、South2 West8なども同じような理由で適しているといえるでしょう。

また、UNIQLOやcoenなどシンプルカジュアル系のブランドを着用している男性も多い模様です。

このあたりは、個人の好みによっても変わってくるところだと思うので、いろいろショップを見てみて感覚的に選ぶのもいいでしょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

Article Ranking