みやぞんの即興ピアノは絶対音感の才能なの?ピアノの天才?

みやぞんと言えば、過去には流しをやっていたことは有名でギターを抱えてテレビに出演する姿もよく見かけますが、実はギターだけでなくピアノも弾けるようで、その才能に注目が集まっています。今回はそんなみやぞんのピアノの技術について調査していきたいと思います。

みやぞんはピアノの天才?

Photo bySbringser

今、バラエティ番組で引っ張りだこの存在であるみやぞん

人柄が滲み出るような笑顔や天然すぎるトークが人気で天性の愛されキャラ的な存在ですが、独学で学んだギターや音楽の才能にも注目されている人物です。

身体能力にも定評があり、2018年に放送された24時間テレビ「愛は地球を救う」ではチャリティーマラソンのランナーを務め、番組史上初となるトライアスロンに挑戦して完走する姿には日本中が注目を集めました。

そんなみやぞんについて、まずはプロフィールからご紹介していきたいと思います。

  • 本名:宮園大耕
  • 生年月日:1985年4月25日
  • 出身:東京都足立区
  • 身長:172cm
  • 血液型:A型
ANZEN漫才というお笑いコンビで相方のあらぽんと共に活躍するみやぞんですが、ギターの演奏や即興ピアノ、身体能力の高さなど多方面でその才能が発揮されており、今最も注目されているお笑い芸人の1人です。

さらに、実はみやぞんはWEB動画などで演技にも挑戦しており、お笑い、音楽、演技、身体能力とその才能の底力は計り知れません。

みやぞんは過去に日本テレビの人気バラエティー番組「しゃべくり007」でピアノの演奏を披露したのですが、あまりにもうまいので出演者も驚かされました。

その番組では、サザンオールスターズの『涙のキッス』やAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』などの楽曲をなんと即興で演奏したのです。

さらには出されたテーマに沿ってその場でピアノで曲を作って演奏するという、即興の作曲まで披露。

その出来栄えのあまりの高さにネット上ではみやぞんのピアノの技術を評価する声や「即興というのは嘘なのではないか」など非常にさまざまな声が寄せられるほどの話題となりました。

その他にも、テレビ朝日で放送されている「林修の今でしょ!講座」ではみやぞんの音楽の才能について調査し、彼の脳を科学的に解明するという特集が組まれることも。

今や、みやぞんという人物の秘められた才能に多くの人が注目しているのです。

Youtubeには、レディー・ガガの『ユア・ソング(僕の歌は君の歌)』をみやぞんがカヴァーした動画が公開されています。みやぞんがピアノを演奏して歌い、さらに日本語の歌詞もみやぞんが書いたもの。

Youtubeに公開された動画は55秒という短い動画でありながら、2019年6月現在で9万回以上の再生回数を記録しています。

みやぞんは絶対音感で天才?

Photo bystevepb

これまでに披露してきたギターやピアノの能力から、絶対音感ではという噂もあるみやぞん。

ギターでもピアノでも耳コピできでしまう才能の持ち主ではありますが、絶対音感と言う噂は果たして本当なのか、それとも嘘なのでしょうか。

実は、みやぞんは絶対音感と言うよりは優れた相対音感の持ち主のようです。

相対音感とは、ある基準となる1つの音から、音の高さを相対的な音程によって識別するという能力です。

絶対音感の場合は、たとえば1つの聴いた音の高さを絶対的に識別できるため、「これはドの音」「これはミの音」というところまでわかる能力。

しかし、みやぞんの場合はそこまでを識別することはできず、演奏される曲もキーが違っていたりすることがあるため、優れた相対音感の持ち主であると考えられているのです。

のイメージ
絶対音感の持ち主の割合は何%?絶対音感の芸能人や生まれつきなのか解説!
「絶対音感」を持っている、というと凄い才能!というイメージがありますね。実際絶対音感を持っている人の割合というのはどれほどなのでしょうか、こちらでは「絶対音感の持ち主の割合」を検証しました。そのほか絶対音感と相対音感の違いや絶対音感あるあるなどもご紹介!

みやぞんのピアノは独学?習っていた?

Photo bymonicore

優れた相対音感を持ち、一度聴いただけでその曲をピアノで演奏できてしまうみやぞんの姿は天才と評価されています。

お笑いだけでなく、ピアノでも思わぬ才能を見せているみやぞんですが、実はピアノを習ったことは一度もないそうです。

つまり、独学であれだけうまいピアノを、しかも耳コピで弾けるというのですから驚きです。

ギターについてもコードなどを勉強したことはなく独学で弾いているそうで、一度コードを覚えるために勉強をしたところ、まったく覚えられずに逆に戸惑うことになってしまったそうです。

Photo bymikefoster

過去には流しをやっていてリクエストされた曲をギターで演奏する経験もしており、そのときの経験からギターを背中に回して弾くことのできる技術も身に付けたみやぞん。

そうした流しの経験などを通して、自然と音楽の感覚も磨かれたのかもしれません。

たとえ絶対音感などの能力を持っていなくても、周りが評価するギターを勘で弾けてしまったり、習ったことのないピアノも弾けてしまい耳コピまでできたり、みやぞん自身が優れた音楽的な感覚やセンスを持っていることは間違いありません。

先ほどご紹介したレディー・ガガの『ユア・ソング(僕の歌は君の歌)』のカヴァーも、ピアノを習ったことがなく、楽譜も読めないみやぞんが完璧にカヴァーしたということで注目を集め、天才と評価されているのです。

ピアノを習ったことがないということについてもいろいろな意見が上がっていますが、みやぞんの普段のテレビでの姿を見ているとギターのコードが覚えられないというのも本当にありそうですし、それでもここまでギターが弾けるところから考えてもピアノを習ったことがないというのももはやそこまで意外なことでもないのではないでしょうか。

関連記事